世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第27話 武器屋

靴屋から10分くらい歩いたところにその武器屋はあった。
だけど今まで行ったどの店とも違う雰囲気がこの店にあった。
店の名前を書いた看板がなく、ドアが木製で、何より小さく古い。

「ユアン、、ここなのか?」

「ええ、ここですよ。」

「へ〜!なんか、古ーい」

凛、、、そういうこと店の前で言っちゃいけない、、、

「こら、凛。そういうことは言うもんじゃない。」

思っていても心の中におさめとけ、、!

「、、、はーい。」

「それでは入りましょうか。」

「ああ」

ギィィィという音を鳴らしながら木製のドアが開く。 

「、、いらっしゃい。」

年齢は45、6だろうか。
愛想が少し悪そうな髭面にワカメのような髪の男が僕達を出迎えた。 

「2人はどのような武器がいいのですか?」

「んー、どんな武器があるのー?」

「そうですね、、、呪文を唱えずに、魔法を使える、« 魔法杖»や、瞬間移動の出来る«01型ペンダント »あとは、剣や槍、弓、魔法銃などですかね」

「へ〜いっぱいあるんだね〜!んーお試しとかってできるのー?」

「ええ、奥の部屋で出来ますよ。」

「、、、案内しよう。」

「ありがとうございます〜」

凛は剣、槍、魔法銃、刀を持って奥の部屋へと行った。
ひとつ言いたい。凛。随分と軽々と持っているが、そんなに持ったら重くないのか、、、?
まぁいい。
僕もお試しさせてもらったりして、決めよう。
そうだな、、、魔法杖って、何の魔法を使おうとしているのかバレないから良いよな。
瞬間移動のペンダント、、、なんか、凛が首に下げていたペンダントに似ている気がする、、、。
まあ、大方母さんからもらったんだろう。
さて、そんなことより、、、
剣は必須だよな、、、いや、遠距離とかのことを考えると、銃か、、、?
って!クローがある!!
僕は色々な武器を物色しながら歩いていたのだが、そこで、爪状の武器、« クロー»を見つけてしまった。

「かっこいい、、、」

思わずぼそっと呟いてしまったのだが、それをいつの間にか隣に来ていたユアンに聞かれた

「こういうのが好きなんですね、、、」

「え?」

「ああ、失礼。魔法杖とか、魔法銃かなぁって思いまして。」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く