世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第26話 サミーの伝言

「サミーさーん!」

私、松山 凛は、ユアンからの伝言を伝えるために、
ユアンの従姉妹のサミーさんを探していた。

「あっいた!」

サミーさんは、靴の在庫を確認していたっぽい。

「え?あら、リンさん。ユアンに伝えてくださいましたか?」

「はい!ただ、、、」

「ただ?」

「ユアンは、武器買い終わった後ならいいよーって言ってました。」

もうちょい丁寧に言ってたけどまあいいでしょ〜♪

「そうですか、、、なら、分かりました、ユアンの好きな手作りのアップルパイを作ってお待ちしております。と伝えてください。」

「はーいって、手作りのアップルパイ!?食べたいです!!」 

サミーさん作るなら絶対美味しいでしょ!アップルパイ!

「大丈夫です、ちゃんと人数分作りますから。」

「やった!ありがとうございます!それじゃあっ♪」

アップルパイ♪アップルパイ♪

「あっあと、」

「?」 

「場所は、ユアンの家とお伝えください。」

「ラジャーです!」

その後、私はお兄ちゃん達のとこに戻る時、ある疑問を抱いた。
あれ?なんで、ユアンの家が集合場所なのかな?
合鍵でもあるのかな、、、?
まっいっか!


「お兄ちゃんー!」

「ああ、凛。ちゃんと言ってきたか?」

「えっとね、おけ!ユアンの好きな手作りアップルパイを作って、ユアンの家で待ってるね♪って。」

「、、そうですか。分かりました、ご苦労様でした、リンさん。」

「いえいえー」

「ユアン。」
「なんですか、ゴウさん。」

「サミーって、ユアンと同じ家に住んでるのか?」

「、、そうですね。と言っても長旅をしていたので、同じ家に住んでいる。というよりは、留守の間、家に住んでもらってる。というのに近い感覚です。」

「ああ、、、。」

なるほどな、、。

「へーそうだったんだ〜あっねえねえサミーさんは、鍵持ってるんだよね?」

「ええ、合鍵を渡しています」

「なら大丈夫だね〜」 

「ええ。」

「それじゃ、行こう〜」

「そうですね」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く