世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第25話 お食事会の招待

「ああ、それはですね、リンさんの靴下が2足で、ゴウさんの靴下1足。で、靴がそれぞれスポーツシューズと、さっきの新作の靴で4足ですよ。」

「ああ、、、ってええ!?いや、待ってくれ、そんなに買ってもらうわけには、、、」

「いいんですよ。さっきも言いましたが、これは先払いのただの報酬。余計な遠慮はいりません。」

「、、、分かった」 

そこまで言ってくれるのなら、もう何も言わないでおこう。
先払いの報酬だと思おう、、、。。

「お兄ちゃん!」 

「なんだ、凛。」

「あのねー」

「うん」
「さっきね、サミーさんっていうユアンの従姉妹にあったよ」

「ああ、黒髪ロングの、、、」

男がほっておかなさそうな子ね。

「そうそう、それでサミーさんがね、お兄ちゃんと、ユアンと、私とサミーさんの4人で歓迎お食事会をしないかって」  

「歓迎お食事会?何でそんなことする必要が、、、」

「なんか、私達がユアンの護衛するって言ったら、お食事会をしたいって言い出したの。」 

「そうか、、僕達だけで決めてはいけないから、ユアンにも聞いてみるか」 

NOと言ってほしいな、、、
だってお食事会とか、今日会ったばっかりの人達とするもん??

「ユアン、ユアンの従姉妹のサミーさんが、俺達3人とお食事会をしたいって。」

そして、もちろん僕じゃなくて凛に伝えさせる。

「おや、サミーがですか?」

「?ええ、はい。」

「そうですか、、、。なら、武器を買った後ならお食事会に行きます。と伝えてください。」

ユアンはサミーさんが、食事会に少し不思議そうにそういった。

「分かりました。」

?なんだ、、?普段は食事会とかはしないのか?
そして、その後すぐに、凛はサミーさんに伝えに行った。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く