世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第21話 試着

「さて、それでは私服と、部屋着を買いに行きましょうか。」

「やったー!!」

凛は大はしゃぎだが、僕は簡単に喜べない、、、。
だってこの人、普通に、ブランドの店に連れていきそうだし、、、!

「凛さんにおすすめなのは、この店ですかね。」

「おー!」

とかって言いながら歩いてるけど、この店もなんか高そうな服ばっかりだな、、、。

「ユアンー!この服どうー?」

なんか、いつの間にか、凛のユアンへの呼び方が
ユアンさん→ユアンに変わってるし!!
後、凛の選ぶ服のセンスがやばい。

「そうですねぇ、それもいいとは思いますが、こちらの方がお似合いですよ?」

そう言って、ユアンがリンに見せたのは、
チェックのワンピースだった

「あっ可愛いー!」

「良かったら、ご試着しますか?」

「えっいいんですかー?ユアン、してきていいー?」

「ええ、どうぞ」

あっなんか流れが試着することになってる、、、
しかも、ノリノリで、試着室入ってるし、、、!

「さて、ゴウさんも選びましょう。さっきから、あまり見てないでしょう?」

「ああ、そういえば、、、」

「これとかはどうです?」

そう言ってユアンが持ってきたのは、元の世界でも丁度流行になっていた感じの服だった。

「ここら辺の人はよく着る服なのか?」

「ええ、そうですね、、、私も、何着かは、こういう流行に乗っ取って買ったりもしてますよ。」

「そう、、なんですね。あのーユアンさん?ユアン?っていくつ?」

「ユアンでいいですよ、16です。」

「え、16なんですか!?」

「ええ、老けて見えるでしょう?」

「いや、というより、年齢の割にしっかりしてるなって思ったかな」

親いないっぽいし。
喋り方丁寧だし。
元騎士だし。
「そうですか、、、?」

「ああ、、、というか、ユアンは、敬語だよな、、、」

「あっええ。お気に触りましたか?」

「いや、気に触ったとかそういうのじゃなくて、、、なんっていうのかな、、、」

一線をひいてるきがする。
なんておもつてると、

「どうー?」

声が聞こえたと同時に、試着室のカーテンがシャーと音を立てて、空いた。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く