世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第20話 仲良く

それから、僕はユアンに動きやすい服を選んでもらった。
案外ユアンのセンスは思っていたよりも良かった。
ユアンに選んでもらったのは、
半袖、長ズボンの服だ。
これで、僕と凛の動きやすい服の購入は終わった。

「4点で、44000リーセになります。」

44000リーセ?44000円ってこと!?え?高っ!

「はい、あっイン貰えますか?」 

「かしこまりました、少々お待ちください。」
「はい。」

「あのー?インって何ですか?」

「ん?ああ、インって言うのは、購入した商品の値段が書いてあったり、合計金額がいくらとか、出した金がいくらとか、お釣りの書いてある紙のことだよ。」

「ああ、そうなんですね!!ありがとうございます」

元の世界で言うところの、レシートってことか。

「あのーすみません、こんな高い物買っていただいて、、、。」

「いやいや、私の護衛を明後日からしてくれるのですから、安いものですよ、お気になさらずに。」

「え?あっはい。」

いやいやいや、あなたの護衛、何かやばそうな気がしてきたんですけど!?
まぁ、やってみないと分かんないけど、、、 

「ユアンさんは何か買わないんですかー?」

「ええ、私は大丈夫ですよ」

「そうなんですかー」

「ああ、そう言えば、」

『?』

なんだ、、、?

「そんなに、畏まらなくても、大丈夫ですよ?」

「え?」

「いえ、しばらくは、一緒に暮らす訳ですし、いつまでも肩ぐるしくいる訳にもいかないでしょう?」

「あぁ、それは確かに、、、。」

「それじゃあ、よろしくお願いしますね」

「うん!」

僕が返事をする前に、凛が元気よく返事をした。
そんな様子に、ユアンは満足そうに頷いた。

「ゴウさんも。」

「あっああ、分かった」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く