世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第18話 住む場所

「まずは住む場所ですね。どんな部屋・家がいいのか、希望はありますか?」

「私はどこでもいいですよ〜お兄ちゃんは?」
 
「出来るだけ、ユアンさんの家に近いところがいいんじゃないか?」

「あ〜確かに〜!」

「それなら、部屋をお貸ししましょうか?」

えっ?部屋を貸してくれる、、のか?

『えっ?』

「幸い、使ってない部屋が3つくらいありますので。あっもちろんあなた方さえ良ければですが、、、。」

使ってない部屋が3つってどうなんだろう、、、よっぽどの金持ちか?

「僕は、大丈夫ですけど、凛は?」

「もちろん大丈夫だよ〜!ユアンさんの部屋を貸してもらえれば、いつ、殺し屋が来ても対処できるし。」

「それなら、、、ユアンさん、部屋を貸してください。」

「ええ、もちろん。それでは、早速使ってない部屋の所まで案内しますね。」

「はい、お願いします。」

この男、ユアンの家は、どうやら部屋が5、6ぐらいあり、トイレが一階と二階に1つずつ。風呂は、一階に1つ。
ベッドは余っているという、3部屋に、それぞれ1つずつ、そして、ユアンの部屋にも、1つ。

「あっあと、キッチンは、一階にあります。」

「もしかして、ユアンさん、お料理とかするんですか?」

「恥ずかしながら、あまりしませんね、、、大体市場で惣菜などを買って食べています、、、」

「そうなんですね〜なら、冷蔵庫には、食材はあまりありませんか?」

「そう、、ですね。リンさんは、料理などはするんですか?」

「しますよ〜けど、料理って言えるほどのものは作れません〜」

いや、そんなことないぞ、凛の料理は、レストランとかで、食べる料理よりも、上手いんだよな、、、
いや、マジで。
ていうか、いつの間にそんな打ち解けているんだ?

「ゴウさんは?料理とかはされるんですか?」

そして、なぜか話がこちらにまで飛んできた。
まあ、この流れなら当然と言えば当然とかもしれないが。

「そう、、ですね。僕もあまり料理はしませんよ。」

「そうなんですか。」

「ええ、まあ、、、。」

そうこう話をしているうちに、空き部屋についた。

「ここと、ここですね、好きに使ってくださいね」

「ありがとうございます、ユアンさん」

「いえいえ、大丈夫です。あとは、、、衣類と、食料ですね、、、」

「え、いいんですか?」

「ええ、今日、明日の分の報酬と思って、受け取ってください。」

「すみません、ありがとうございます」

「いえいえ、それでは、さっそく、まずは衣類を買いに行きましょうか。」

「はい、!」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く