世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第17話 護衛生活の幕開け

どうしようか、、、。
砂漠ではなく、この男、ユアンの部屋に移動出来たのは嬉しいが。

「もし、よろしければ私の護衛をしていただけませんか?」

「は?」

いや、あんた元騎士だよな?

「ユアンさん、護衛とはどういうことなのですか?」

僕が言うよりも先に、凛が聞いた。

「実は、、ある殺し屋に命を狙われていて、、、」

「ある殺し屋とは、どなたなんですか?」

「それは、、、言えません。」

「言えない、、、?それでは僕と凛に、殺し屋が誰かも分からないのに、守れと言うのですか?」

「お兄ちゃん、、、!」

「1つだけ言えるのは殺し屋は、黒い、烏のような格好をしています。」 

黒い烏のような格好、、、ね。

「ちなみに、報酬は?」

「しばらくの間護衛して頂けるのならば、住む場所と、食料。そして、金が報酬です。」

「なるほど、、、」

報酬はものすごく好都合だが、その分、護衛がキツイのか、、、?
簡単にうんとはうなづけないな、、、

「それなら私は構いませんよ?ユアンさん」

え?凛?なに言ってる?? 

「お兄ちゃんは?どう?」

ああ、そういうことか。

「僕も構わないよ、凛」

「よかったです。それなら、早速明後日からでもよろしいですか?あなた方の家や、渡す食料と金を用意してたりしたいので。」

「ええ。構いませんよ」

こうして、僕達のユアンの護衛生活が幕を開けた。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く