世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第15話 マジックトール

「へっ?」

思わず、マヌケな声を出してしまった。
ここは先程までいた砂漠ではなく、どこかの部屋のようだった、、、。
幸い、凛も一緒だった。 
凛はいつのまにか砂漠にいた時から、寝ていた。
そして、今も寝ている。

「ほう、、、これは面白い。」 

「?何がですか?」

ていうか、何がおきたんだ?
えっちょっと待って。
ていうか、僕、このペンダント首にかけてきた覚えすらないんだけど。

「いえ、失礼。テレポートかと思いましたが、そうではありませんね、、、。あなた、、、」 

「?」 

「マジックトールの使い手、、、」

「?」

マジックトール?魔道具の使い手?

「え?」

「まだ存在していたとは、、、。マジックトールの使い手、、、。それも、身につける物をマジックトールが使えるものとして、使えるようにする力があるとは、、、!」

「え?」

魔道具、、、まさか、僕の母にもらったこのペンダントが?
ていうか、この男何か勘違いしてないか、、、?
身につける物を魔道具にする力がある?何言ってるんだ?このペンダント、多分元からその魔道具だったと思うんだけど、、、!
まあ、都合がいい、マジックトールの使い手のフリをしとくか。

「もういいですか?」

「あっええ、失礼しました。なるほど、どうりで、出会った時、リンさんからは、魔法の気配を感じられたのに、あなたからは魔法の気配を感じない訳だ。」

えっ魔法の気配とかするの!?
ていうか、凛から感じたってどういうこと!?
凛は、魔法が使えるってことなのか、、、?
嘘ーーー


「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く