世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第14話 地味にピンチ

「そうでしたか、、、。」

つまりは、ある王国の姫とその護衛が行方不明で、
凛と僕がその姫と護衛なのでは?と思い、ネニメアと唱えさせた、、か。

「ありがとうございます、ご丁寧に説明していただいて。」

「いえいえ。ところで、、、。あなたの魔法を見せていただいてもよろしいでしょうか?」

「っ!?なっなぜでしょうか?」

「失礼ですが、あなたはあまり魔法をご存知ではないように感じました。しかし、あなたの年齢は、知りませんが、見たところ、14か、15に見えます。14、15の時には、魔法を何かしら使えると思うのですよ。」

「なるほど、、、僕は、いえ、僕と凛は昨日15になりました。確かにそう思われるのも無理はありませんね。」

さて、どうしたものか、、、。
当然魔法の使い方なんて、これっぽっちも知らないし、、、やばいな、地味にピンチ、、、

「それでは見せてもらってもよろしいでしょうか?」

「そういうことなら、ええ、もちろん。」

うーん、、、
  困り果てていたその時だった。
突然、母にもらった水色のペンダントが光り出した。

【パァァァァァピカッ】

という音がした後いきなり眩しくなり、思わず目を瞑り、次の瞬間、目を開けた時には、先程までいた場所とは違う場所にいた。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く