世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第11話 元騎士ユアン

「あなたは、どちら様でしょうか?」

「あなたこそ、誰ですか?」

相手はこちらの姿が見えてるかもしれないが、こちらからすれば、影に話しかけているような感じだ。
相手の姿が見えないのに、素性を簡単に言うわけにもいかない。
まあ、姿が見えても、言わないけど。

「失礼。私の名はユアン。あるお方に仕えていた元騎士です。」

そう言って、自称元騎士は、前に進み、僕に姿を見せた。

「、、、そうでしたか。僕の名はゴウ。妹と2人で旅をしています。」

「そうですか、ちなみにどちらからいらしたのですか?東から来たようには失礼ですが、見えませんし、、、」

「ああ、えっと、、、」

どちらからいらしたのですか?だって、、、?
えっと、、、異世界から来ました。なんて、言えるわけがないのだ。
さて、どうしたものだろうか。困ったな、、

「んん、、、?お兄ちゃん、、、?」

「凛、起きたのか。」

「うん、、話し声がしたから、起きちゃったよぉ、、、ふぁぁぁあ」

凛はあくびをしながら、そう言った。

「そうか、ごめんな、凛。」 

「?そんなことよりお兄ちゃん、この人誰?」

「ああ、この人は、、、」

「私の名は、ユアンと申します。」

「どうも自己紹介ありがとう、ユアンさん、私はリンっていいます。」

「リンさん、、、ですか。」

「はい、リンです。」

、、、なんだか、このユアンという男の様子がおかしい気がする、、、

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く