世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第10話 オアシス

砂漠はとても歩きづらいとは聞いていたがここまでとは思わなかった。
ただでさえ、雲ひとつなく、太陽がらんらんと照りつけているというのに、日除けするものは何も無い。
ついには、前を見ることすら辛くなり、ずっと下をみて歩いていると、

「着いたよっお兄ちゃん!」

という凛の声がした。
ゆっくりと、目線を上げると、そこには確かに、木々に囲まれてながらも水が湧き出ていた。

「本当だ、、、。」

「ねっ!言ったでしょ?」

凛は自慢げにそう言った。
オアシスを凛のおかげで見つけることは出来たが、凛の目の良さは異常だ。
僕は、メガネをするほど目は悪くない。
それなのに、僕は、凛がオアシスを見つけたと言って、その方向を見た時、僕がオアシスを見つけることはなかった。

「どうしたの?お兄ちゃん」

「あっああ、いや、何でもない。」

「そう?」

納得のいかないような表情だったが、喉が乾いたのか、水の近くに行き、手で水をすくい、ごくごくと飲み始めた。

「ぷはぁ、、あー生き返った〜お兄ちゃんも飲もうよ〜」

「いい飲みっぷりだな、今行く。」

ごくっごくっ
凛にならい、水を手ですくい、飲む。

「いい飲みっぷりだね〜」

「ははっそれ、僕の真似?」

「うん〜」

「似てないな、、、」

「うるさいっ!」

ボコッ
事実を言っただけなのに、頭を叩かれた、、、

「おいおい、気をつけろよ、凛。お前のげんこつまあまあ痛いんだから、、、」

「えー?そんなことないよ〜」

いや、そんなことあるから言ってるんだよ、、、
本当に、凛のげんこつは、手加減されてないからすごい痛いんだよなぁ、、、

「ははは、、、」

そして、僕と凛は特に行く所もないし、空を見た感じ、夜が近そうなので、この場に留まることにした。
そして、夜になり、交代で見張りをするということで、凛が横で寝ていた時だった。
ザクッザクッ

「!?誰か来る、、、」

誰だ、、、?砂漠に遭難しているこの世界の住人か、、、?
いや、そんなわけはないか、、、今は夜なんだから、、、。
ザクッ
ぴたっと僕と凛から少し離れたところで足音が止まった。
そして、ゆっくりとこちらに寄ってくる影にじーっと目をこらして、見ていた。すると、、、

「あなたは、どちら様でしょうか?」

とその影が聞いてきた。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く