世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第9話 異世界の砂漠

「お兄ちゃん、お兄ちゃん!」

ん、、、僕を呼ぶ声がする。

「ん、、、凛?ここは、、、どこだ?」

辺りを見回すと、そこは神社ではなく、ただただ、砂漠が広がっていた。

「分かんない、、、私も今目が覚めたばっかりだし、、、」

どうやら本に書いてあった通り、僕達は異世界に飛ばされたらしい、、、。

「そうか、、、」

さて、どうしたものかな、、、
僕達はこんな砂漠で生き抜くための術を当然持たないし、水も食料もない。

「ねえ、お兄ちゃん。ここって、異世界、、なの、、?」

「ああ、そうだろうな」

『、、、。』

どうしたものか。とりあえず水だけでも確保しておきたいな、、、

「お兄ちゃん」

「何だ?凛」

「オアシスって、確か砂漠にあるよね?」

「あっああ、あるな、、、。」

「オアシス、探さない?ここにいても、仕方ないし、、、。」

「それもそうだな、、、。だが、迂闊に動き回るのはよくな、、、」

「どうしたの?お兄ちゃん?早く行こうよ。そんなに遠くないよ?」

「凛、、、?」

「?」

凛はふざけてるのではなく、本当に驚いている様子だった。

「凛は、オアシスがどこにあるのか分かるのか?」

「?どこにあるのかわかるも何も、あそこにあるよ?」

そう言って、凛は指を指した。
だが、凛の指を指した方向をどれだけ目を凝らして見ても僕にはオアシスは見つけられなかった

「ねっ?あるでしょ?早く行こっ!」

凛が幻覚を見てる可能性もあったが、ここは凛を信じ、オアシスがあるという方向に僕は歩き出した。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く