世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第7話 兄との再会

‪ 「ひどいじゃないかせっちゃん〜
もう〜せっちゃんの魔力を辿るの、結構辛いんだからね〜??」

せっちゃんことセツは俺のこの世界での名だ。

「トシ、、、」

「んっ?あれ〜?その子どうしたの〜?」

チッ気づかれたか、、

「ああ、こいつ迷子になってたから、今から、こいつの保護者を呼んで、連れて帰らせるところだ。」

「あ〜ね〜得意だもんね〜頑張って〜」

うるさいな、、、

「インビジブル!」

「おー!お見事〜!」

そう茶化すこいつを無視して、俺は、

「インポート!」と唱え、この場を去った。

「さてさて〜この娘にイタズラして俺もバイバイするか〜クライ!」

「インポート!」




ん、、、
ここ、どこ、、、?
さっきまで秋ちゃんといたのに、、
っ!そっか!秋ちゃんに気絶させられて、いつの間にかこんな所まで運ばれてるんだ!

「お兄ちゃん、、、」

兄は今どこにいるんだろう、、?
むやみに歩き回って、獣男に会うのも、嫌だし、ここにいようかな、、、

「、、、なんでこんなことになっちゃったんだろう」

何故だろう、いつもはこんなことじゃ、涙なんて出てこないのに、今は涙が出てきた。

「うっううひっくひっくうっうう、、」

「凛」

顔を伏せ、体操座りの姿勢でしばらく泣いていると、ずっと、探していたお兄ちゃんの声がした。

「お兄ちゃん?」

「ああ、帰ろう、凛」

「っ、、、うんっ!!」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く