世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第6話 懐かしい人

どうしよう、、、
私は今、多分、異世界に飛ばされて、兄を探していたら、懐かしい人に会って、どう反応すべきなのか、とてつもなく困っていた。

「凛、、、なのか、、??」

ビクッと思わず体が震えた

「、、うん。あなたは、、秋(しゅう)くん、、?」

「うん、そうだよ」

っやっぱり、そうなんだ、、、
思い切って顔を上げてみた
月を背景に彼の顔を見た。
相変わらず人の良さそうな、でも少しだけ寂しそうな顔をしていた。 

「久しぶり、凛」

「、、、秋くん、なんでここにいるの?あなたは5年前行方不明になったんじゃ、、、」

「そうだね、、」

「そうだねって、、今まで、どこで何してたの?」

「この世界で、生活していた」

「どうして、、、!」

「詳しいことは言えない。言ってしまえば君を元の世界に返すわけにはいかなくなる。」

「そんな、、、!」

「あの世界まで送るよ。君は帰り方を知らないだろうから。」

送ってもらうのは有難いけど、それなら、、、

「秋くんも帰ろう?」

「いや、俺は帰れない。君はまだ、この世界にいるってことを豊穣神に知られてないから、帰れる。、、、頼む、大人しく帰ってくれ。」

「豊穣神?誰?その神様。それで大人しくうんって言うと思う?」

「いや」

だから、、と続けていうと同時に秋くんに、首チョップをされ、私は意識を失った。

「ごめんな、凛」

と意識を失う直前に言われた気がした。




俺、柳澤 秋(やぎざわ しゅう)は、5年ぶりにあった幼馴染の松山 凛をつい先刻、気絶させて、今は気絶している凛をおぶって、豊穣神社に向かっているところだった。
何故凛が、俺の住んでる世界に来たのかは知らないが、
彼女の兄が一緒にいなかったのを考えると、恐らくは何らかのはずみでこちらの世界に迷い込んだのだろうな、と考えていたその時だった。

「お〜い!せっちゃ〜ん!!」

という、非常に耳障りな声が聞こえた。
瞬時に誰の声なのかを理解した俺は、

「テレポート!」

と叫び、豊穣神社の裏口に瞬間移動した。
そして、そのまま豊穣神社の裏口を使って、中に入り、凛を社の前に、下ろして、俺がいつも使ってるお守りのペンダントを首にかけてやり、インビジブル!
と唱えようとしたその時だった。

‪ 「ひどいじゃないかせっちゃん〜
もう〜せっちゃんの魔力を辿るの、結構辛いんだからね〜??」

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く