世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第4話 豊穣神社

「凛、、、どこ行ったんだよ、、、」

凛を探し始めて、2時間が経ったが、それでもまだ凛は見つからない。
さっきから、これだけ探しても見つからないのだから、もしや凛は誘拐されたのだろうかと、思ったり、もしたて、その度に、凛は世界最強の力を持っているんだ。
それはあり得ないだろう。という、自問自答を繰り返していた。
そして、とうとう神楽の行われていた場所に戻ってきてしまった。
いまは当然神楽は終わっていて、神楽が行われている時は、あんなに人で溢れかえっていたのに、いまは、人っ子1人いない。
流石に歩き疲れて、そばにあった、石垣に腰を下ろして、少しの間休んでいた。
だんだんと冷静になってくると、神楽の行われていたステージの奥に、神社があるのに気がついた。
なんだか、そこに凛がいるような気がして、僕はステージの周りを歩いて、神社に向かった。
ザクッザクッザクッ
最初の間は、あまり、道が整備されていなくて、草の上を歩いていたり、木々の葉や、枝が頬をかすったりして、すごく歩きにくかったが、
だんだんと道が整備されてくると、地面は、草から、石などに変化し、木々の葉や枝も、丁寧に切られていたりと、大分歩きやすくなった。
そして、だんだん、歩いているうちに、奇妙なことに気がついた。
普通、神社にある鳥居というものは、人が鳥居の下をくぐるものであり、
決して、人が鳥居を見下ろすなどということはあり得ない。
だが、そのあり得ないであろうことが、実際に、あり得てしまっていた。
整備されている道の両側に、小さな鳥居が一定の間隔をとってたっていた。
しかも、その小さな鳥居の立っているところには、草も小さな小石もなく、まるで、小人がくぐるための鳥居であるかのようだった。
僕は、だんだんと、自分が違う世界にいる、そんな気がしてきていた。
もしかしたら、知らない間に小人の世界に迷い込んでいて、もう二度と、凛とも両親とも会えないかもしれない。そんなことを考え始めていた。
その時、突然、神社の本坪鈴と、鈴緒がはっきりと見えた。
そして、石に、豊穣神社と、はっきりと刻み込まれているのが、見えた。
僕は恐る恐る中に入り、手水舎に行き、柄杓で、作法に則り、身を清め、次に、鈴を力強く鳴らし、財布から、100円取り出し、賽銭箱にいれ、これも、作法に則って行い、やっと、その場を後にし、凛を探すことにした。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く