世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子

未完ちゃん

第1話 世界最強の双子

かつて、
世界最強の頭脳を持っていると言われた母

とかつて
世界最強の力を持っていると言われた父の

息子の僕、松山 剛。そして、妹の松山 凛

僕達は、世界最強夫婦の子供(双子)ということもあり、普通じゃないくらいに強かった。
ただ、惜しいのは、僕が強いのは力ではなく頭脳だということだ。
そして、残念なことに妹が強いのは当然頭脳ではなく、力なのだ。
そして、妹はものすごく頭が悪い。
まぁ当然僕は、そんなわけでものすごく力が弱い。

2人で仲良く分けて生まれて来れたらどんなに良かったか。とも思ったことがある。
何しろ、妹の頭が悪いのは、僕のせいでもあり、僕の力がものすごく弱いのは、妹のせいでもある。
このことを妹に教えるべきか。と1度考えたこともある。
しかし、妹は、女性は、力が強く、頭が悪い。
男性は、頭が良く、力が弱い。
というのが世間一般的なことだと考えているのだ。 
それは、違う。僕達がちょっとおかしいんだ。
世間一般的には、
大体の女性は、男性に比べれば、力が弱いし、男性は、女性に比べれば力が強いんだよ。
と言う訳にもいかない。
なぜなら、それは僕達を世間一般的ではない、僕達がおかしいんだよ。
と言っているも同然だからである。
可愛い妹にそんなことを言えるような訳もないし、言ったところで、胸ぐらを掴まれ、
投げ飛ばされるのが目に見えてる。
それなら、知らないほうがマシ。ということだ
しかし、僕達の親は、世界最強夫婦。
1度、14歳の時に、世界最強の頭脳を持つ母に相談してみたところ、
そうだったのね、通りで、
あなたは男の子なのに、力が弱くて、
凛は女の子なのに、力が強かったのね。
おかしいとは思ってたんだけど、、、
そうねぇ、凛にはまだそのことは言わないでね、凛が傷つくと思うから。と言われた
そして、
凛がもしも、今の話を知って、叶うならば、
あなたの頭の良さと力の弱さが欲しいと願い、あなたがもし、凛の頭の悪さと、
力の強さが欲しいと願うならば、このペンダントに願いなさい。きちんと、礼儀正しく願うのよ。
と行って、綺麗な水色のペンダントをくれた。
母がなぜこれをくれたのかは分からないけど、
僕は、このペンダントへの願い方をなぜか知っている。そんな気がした。
だけど、このペンダントを使うことはないだろう。と何故か、思った。

「世界一の頭脳を持つ母と世界一力が強い父から生まれた双子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • シオン@makia-to

    におゆる)、るろ?ゆ。笑、ろ。ろわ笑?、をわろ和??可愛いは正義以外にもってクロカン時もボール持ってたしさあっ持ってくつってん

    0
  • Chillin

    続編が楽しみになる小説ですね。
    一つ多分変換ミスだと思うんですけど14歳が14際になってますよ。

    1
コメントを書く