イフと不思議な物語

ノベルバユーザー196236

イナの精霊生活

精霊の 1日

朝 
草花の 葉についた
水滴を 集めます

集めた水滴を 気体に
かえて神に 捧げます

昼 
森を 散策し 弱った
木や草花を 治療します

池もくしは 湖の水位を
点検し 常に 一定に する


精霊達と 言っても 
今は 三匹
それでも 手をつなぎ
子守歌の 練習です

こうして 日々は
過ぎていきます

イナも成長し
新たな生命を
生み出せるまで
成長しました

イフは 決めました

イアとイナで 子を
造りなさいと

イフは もう 
子供をつくる事は
できません

生命を 削った為
お爺さんに なって
しまったのです

イアとイフは
決意しました

子供を 造る事を
仲間を 増やす事を

そして あの儀式を
しました

しかし 失敗です

何が いけなかった
あれ ただ 手が 暖かい

次の日
もう一回やるよ
キャー いったい
手を見ると 火傷に
なっていました

何故だ

イフと時と 何が
違うのだろう

お互い 顔を 見ます

今度は 三日後 挑戦な

イアはイナの事を 考え

イナはイアの事を考え

お互い 三日間 互いの
事ばかり 考えました

三日振りに 再会した

イアとイナは 何故か
照れていまいました

イア イナ いいね
互いに はい と返事

儀式の再会です

今度は 成功しました

名前早めに つけなくちゃ

イナは 言いました

マナって どつかな?

イフとイアは それいい
いい名前

これから よろしくね

マナ

ゆりかごに 寝かせて

歌を 歌います

マナは しだいに
自我に 目ざめ
最初に 見たのは
イナの顔 次に
見たのは イアの顔

そして イアを
不思議そうに
覗き込みました

マナは まだ
喋れません

見るのが やっと
この 魂こそ
まゆこ なのです

まゆこは
マナに 
転生しのです



「イフと不思議な物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く