話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神が泣くなら悪魔になろう

犬飼ゆかり

妹の誕生日


書いてて矛盾してたりしてなかったり、わざと矛盾させてたりなかったり……うわぁぁぁ!!(混乱)





「あれ?そう言えば鉱山の竜倒したのってハヤトくんなの?」

なんて最近お得意さんになった勇者とだらだら話す

「あ、竜は僕じゃないよ、まだレベルが足りないからね、王様が強い人を派遣するって言ってたからその人が討伐したんじゃないかな」

そういえば勇者の名前はハヤトと言うらしい、そしてレベルと言うのはハヤトくんの世界で強さって意味らしい、つまりまだ勇者は弱いって事になる

「へー、強い人ね…、あ、話変わるけどもう少しで妹の誕生日なんだよね、プレゼント一緒に考えてくれない?」

「いいよー、うーんそうだね……ぬいぐるみとかどうかな?可愛いよ」

「ぬいぐるみね、おっけーありがとう」

「ジルさん決めるの早いよ…」



そんな訳でうさぎのぬいぐるみなんて買ってみた、喜んでくれるかな、なんて考えながら僕の故郷、特に名産なども無い小さな村に着く、御者に礼を言って久しぶりの我が家へ足を運ぶ

「ただいまぁ」

「あら、ジル、おかえり」

なんてお母さんは笑顔で迎えてくれる

「リアの所に行ってくる」

「……、リアもきっと喜ぶよ…」

少し、お母さんの顔は寂しそうだった

なんでだろうね




「リア、入るよ」

ちゃんとノックをして妹の部屋に入る

いつ見ても変わらない、いや少し大人っぽくなったかな、目を閉じてる可愛い僕の妹、最後に目を開けたのは何時だったっけ…

「リア、ただいま、誕生日おめでとう、これ、ぬいぐるみ、勇者様がね、考えてくれたんだよ、そうそう、僕の店に勇者様が来たんだ、御伽噺でしか出ないあの勇者だよ?、最初は信じられなかったよ、勇者様は魔王を倒すのが目的らしいよ、前に読んだ絵本みたいだね、そうだ、またあの絵本を読んであげよう、むかしむかし……」


もうその娘僕の妹意識ないよ


分かってるさ、そんな事くらい…でもさ、もしさ、目を開けることを忘れちゃっただけなら、もし聞いてくれてるなら、話したいじゃんか……


じゃあ目の開き方を教えてあげればいいのに、なんで教えようとしないのかな?分かってるくせにさ…


うるさいよ、少し静かにしろよ、リアが起きたらどうするんだよ


起きたらいいじゃん、『僕』は何を言っているんだい?起きないから悩んでるんだよ?



うるさい



そのまましばらく音の無い時間が経った


「ねぇ、リア、僕は君が救えるなら、もう一度目を開いてくれるなら、昔みたいにお兄ちゃんって呼んでくれるなら、何でもするよ、そう、何でも、だから……もうちょっとだけ…おやすみ」


僕は妹の前では泣かないと決めてる



だって、カッコイイお兄ちゃんでいたいじゃん



「夕飯も食べていかないの?」

お母さんが心配そうに聞いてくる

「うん、もともと日帰りのつもりだったし、お客さんも待たせちゃうしね」

「そう、気を付けてね、いってらっしゃい」

「いってきます」


待たせた御者に頭を下げて帰りのお金を渡す
すると、御者が聞いてくる

「まだ半刻くらいしか経ってませんがもう帰るんですかい?」

「うん、妹の顔を見に来ただけだしね」




一月後、僕の店に勇者様が来た

「あ、ハヤトくん、いらっしゃい、ぬいぐるみ喜んでたよ、ありがとう」

「それは良かった、僕も元の世界に妹がいてね、ぬいぐるみあげたら喜んでくれてさ、だからジルさんに言ってみたんだ」

そうだったんだ、勇者にも妹がいるのか、彼の妹には悪いことをするなぁ…ごめんね

そして勇者は上級のポーションを買っていってまたねって手を振って店を出た

もう上級ポーションを使っているのか、早いなぁ、強くなるのが、異常ってくらいに早い、上級ってこの前でた鉱山の竜を倒せる人達が使うくらいの薬だ、まだ半年経ってないと思うんだけどなぁ…


そろそろ僕も準備するか、魔族さん達に会いに

言ってしまうとね、エリクサーって作るのに十年くらい使うみたいなんだ

ローリエさんのエルフとしての情報

ラウスさんの表には出ない情報

合わせると自然と答えが出た


作り方はなんかこう色々混ぜて凝縮してさらにあーだこーだして出来るのがエリクサーらしい、ふざけんな、人間じゃ作れないじゃないかってくらい難しい

から

もう最後の手段なのかもしれない


僕は神も御伽噺も信じないタイプだ

でも

神も勇者もいるらしい

僕が求めているのはあるらしい

どんなに遠くても見えるからいけないと思う

今は無理でも頑張れば出来ると思えるからダメなんだと思う


神様は意地が悪い

これじゃあ、目の前にぶら下げた人参じゃないか







ムワムワ終了です!次はなわなわ?意味わからんのぅσ( ̄^ ̄)?

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く