女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

すみません。ブラックコーヒーが既に微糖なんですけど。

ーーーー仁sideーーーー
今日は俺も休みである。多分、明日が俺にとっても絶対に負けられない戦いとなるだろう。

「じーくん、私が決勝トーナメント行ったのしてますか?」
「ああ、勿論」

俺は今、何をするでもなく王都をぶらついていた。小雪とシロがいる。小雪はシロの前では俺の事をじーくんと呼ぶ。シロがこの呼び方を聞いた時は何故だか暖かい目を感じた。

「それにしても雨ですね」
「そうだな」
「そうでした」

今、雨が降っているが俺らは誰一人濡れない。この世界には傘という便利なものは無いので、ずぶ濡れか全身を布で覆って歩く。

「小雪はチートだな」
「そうですか?」

俺が濡れないのは小雪が俺らの頭上に風を起こして雨を当たらない様にしているからだ。それを継続して行なう事が出来る。魔力が俺にも欲しかった。

「美人で勉強もできて、運動も出来て、魔法も使える……。小雪は天才だな」
「あんまり、褒めないでくだしゃい。恥ずかしいでしゅ」

癒される。その表情。もっといじめたくなるな。俺は隣で照れる小雪を見ていた。

「さて、今日は何もする予定ないけど。小雪は何かしたいことはあるか?」
「じーくんと一緒に居たいです」

可愛い生き物が居る。

「なら、小雪あの木のしたのベンチに行くか」
「はい」
「はいでした」

シロも後ろから付いてくる。子犬を買ってる気分になるな。

小雪の魔法で少しだけ濡れたベンチを乾かして、座る。俺と小雪は隣に座る。

「シロも座れ、命令な」
「はいでした」

シロも俺の隣に座った。両隣りに美少女。両手に花だな。

「えっ、じーくん??」

俺は小雪の頭を膝に乗せた。

「決勝トーナメントまで勝ち進んだ。ご褒美」

俺は頭を優しく撫でた。

「じーくん…優勝したらもっと甘えてもいいですよね?」
「ああ、もっとご褒美をあげなきゃな」
「はい!!頑張りますね」

小雪は俺の太ももに顔を擦り付けていたと思うといつの間にか眠りについていた。

「昨日はシロもおつかれ」
「ご主人様の為でした」
「ありがとう。明日は小雪の応援をよろしくな」

シロは心配そうな表情をしている。

「大丈夫だ。俺が負けると思うか?」
「いいえ、ご主人様が戻って来た時感じました。ご主人様は色んな意味で強くなってきたのでした」

その表情は少し悲しげなものだった。

「そうか。シロにもご褒美をあげなきゃな。なにがいい?」
「ひ」
「ひ?」

シロは顔を赤くして

「ひ、膝枕して欲しいでした」
「ああ、片方は先客が居るけどな」

シロは空いている太ももに頭を乗せた。

「撫でて欲しいでした」

俺は頭を撫でる。

いや、どういう状況?2人を膝枕して雨の中で外にいるのって。

「zzz」
「寝るの早!!いや、疲れたんだろうな。ありがとうなシロ」

シロが寝るとほぼ同時に雨が上がり、日が雲の隙間から覗き込み。

「シルバーブレット、そのまま話しを聞け」
「ジョーカーか」
「ああ」

木の後ろから声が聞こえた。

「その呼び方って事は」
「ああ、そういう事だ。生徒が何人か消えた。ターゲットは奴で決まりだ」
「…そうか」

俺は小雪の頭をまた撫で始めた。

「迷ってるのか?」
「いいや、俺は小雪のために動くだけだ。お前が国王に忠誠を違うようにな」
「ふん。しくじるなよ」

そう言うと、ジョーカーは居なくなった。

多分、1時間が経った頃、2人が目を覚ました。

「眠れたか?」
「はいでした」
「……。」

小雪が頬を膨らませていた。

「どうした小雪?」
「何でシロちゃんもじーくんの膝枕で寝てるんですか?じーくんは私のです」
「ご主人様がご褒美でしてくたのでした」
「何のご褒美ですか?」
「日頃の行いのでした」

シロは少し嘘をつきながら説明した。小雪は機嫌をなおさない。

「じーくんは私の。次、同じような事をしたら……どうしましょう?」
「考えてないのかよ。シロに嫉妬してるのも可愛いけど、あんまり怒るなよ」
「なら、私がじーくん以外を膝枕したら嫉妬しないんですか?」
「ああ、許してやるよ。頭と胴体を切り離してな」
「じーくんの方が嫉妬してるじゃないですか?」
「当たり前だ。俺は小雪が必要不可欠だからな。ほら、次行くぞ」
「待って下さい」

小雪は俺の片腕をしっかり、ホールドして歩き始めた。

明日は小雪達にとっては平和な1日が待っていると信じて仁も小雪と一緒に歩く。




どうも年中眠休です。



次回は騎士道祭の決勝トーナメントですね。ここからが本番です。期待はしてはダメです。それでは2人の異世界ストーリーをこれからもよろしくお願いします。

「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く