女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

障害物競走…2

私とクーシュさん以外は全員、終わりました。

今のところ、マナさん以外は100位圏内だと思います。流石優秀なクラスメイトです。

『本日、最後!!これを飾るわ。我らが生徒会長!!アーサー選手、そしてそして、誰も認める美貌、彼女こそ天女の生まれ変わりか!!?コユキ選手。2人の勝負は以下に』

エンジン全開ですね。実況の人…。

「何で僕の名前は出ないの」

クーシュさんはご立腹の様です。でも、この戦いは絶対に負けられません。

あのアーサー・エスペランサ・ソルさんには負けられません。

「すごい威圧を感じるよ。楽しみだね。一ノ瀬 小雪ちゃん」
「そうですね。アーサー・エスペランサ・ソルさん」

私は自分のレーンに立ちました。

「来なさい。ホタル」

私はホタルに跨りました。

隣を見ると、金色の鬣を持つ、白いペガサスがいました。目は真っ赤です。

『これは何と、一角馬と天馬の対決だ!!』

「「おおーーーー」」

レイアさんも中々、やってくれます。仕組んだの丸分かりです。

そして、これが一番可笑しいですよね。

『そして、今回障害物なしに見えなくもない』

何も障害物が置かれていません。魔力探知にも何も反応がなく隠蔽されてるというのもないです。

「……全員仲良くゴールか」

隣でポツリと聞こえてきました。

全員蹴落としてゴールかという事ですか…。

多分、障害物が無いと気づいているのは、私とアーサー・エスペランサ・ソルさんだけでしょう。他の人はレイアさんの罠と踏んでるでしょうね。

『準備が整った様です。よーい、ドン!!』

「凍りなさい」

『始まったと同時に白い煙がスタート地点に現れた。白い煙から出てきたのは、コユキ選手だ!!空からはアーサー選手、そして、コユキ選手の後ろに着いてきてるのはクーシュ選手だ!!』

やはりこの2人は止められませんでしたか。クーシュさんは私のやり方を何度も見てるクラスメイトですし仕方が無いですね。

『他の選手は……これはなんと騎獣の脚が完全に凍っている』

「やっぱり。次は私だ」

アーサーは詠唱を唱える。

「落ちよ雷」

『次は落雷だーー!!コユキ選手は氷の盾で防いでいる。そして、クーシュ選手はよ、避けてる!!なんという反射神経だ』

「二人ともずるいよ。僕は身体強化しか出来ないのにさ」

『ここでクーシュ選手前に出た!!』

「「やらせません(やらせない」」

「竜巻よ」
「雷の矢よ。貫け」

『これは!!竜巻が出現した!!そして、アーサー選手の雷矢がクーシュ選手を襲う。コユキ選手前に出る。竜巻を早く攻略した!!』

実況の人は勘違いしてる様ですね。竜巻が障害物だと思い込んでる様ですね

「ホタル」

「凍りつきなさい。大風よ吹きなさい」

『これは!!コユキ選手よりも後ろがなんと強風に氷床となった!!』



『1位はコユキーーイチノセーーー!!』

私の勝ちです。

じーくん褒めてくれるかな。

ーーーー
仁side

小雪が1位であたりまえか。

仁は高台からスコープを覗き込み、障害物競走を見ていた。

「ご主人様。ニヤニヤしてるのでした。嬉しでしたか?コユキ様が1位で」
「うるさい。そんな軽口叩けるなら、風向きに風量を教えろ」
「はいでした」

俺は着々と準備を整えた。

針を撃ち込んだ。

スナイパーライフルとかした愛銃で。



「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く