女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

すみませーん。このブラックコーヒー甘いんですけど。

バザーを楽しむ2人。当たり前のように仁には嫉妬の視線が向けられ、小雪には誰もが注目した。

「じ、じーくん、じーくん」

まだ小雪は「じーくん」呼びは恥ずかしらしい。それが可愛い。

「これ可愛い」

小雪が指したのは子犬のぬいぐるみだった。

「いや、小雪の方が可愛い」
「えへへ」

俺は腕を組んでいない方の手で小雪の頭を撫でる。小雪に尻尾が有るなら、絶対にはち切れるほど尻尾を振ってるだろうな。

「お客さん冷やかしなら、どいて貰えますか?こっちは独り者なんです。分かりますか?この気持ち」

目の前にいる若めの女性は急に愚痴を言い始めた。俺は小雪の撫でるのをやめて、立ち去ろうとした。

その時、小雪が俺の手を掴んだ。物欲しそうな顔で見つめられた。

「もっと……」

俺は無言のまま、小雪の顔を俺の胸に押し付けてまた撫で始めた。

「あぁぁぁ、リア充爆発しろ!!!帰れーー!!!」

戯言を無視して、俺は撫でた。まるで可愛いくて守りたくなるような子犬を撫でるかのように優しく撫でた。小雪が幸せそうにしているので満足だ。その場で少しの間、撫で続けた。髪がサラサラしており、シャンプーのいい匂いが漂って来て、俺はニヤついていたと思う。変態かな?小雪の頭を撫でられるのなら変態でもいいと思う。

そして、女性は燃え尽きていた。真っ白な灰になっていた。

俺らはその場を逃げた。

「じーくん、またして下さい
「当たり前だ。小雪は撫でられるのが好きだな」
「じーくんがしてくれるなら何でも好きだよ」

ハートに弾丸が貫いた。急にデスマス調じゃなくて、首を傾げてそれを言うのはずるい

「充分、小雪もずるいよ」
「何がですが?」
「何でもない。一回、お昼にするか」
「はい」

俺らは広場を離れて、大通りにある食事処に入った。メニューは何でもあった。簡単に言えば、異世界版ファミレスだ。

俺と小雪は向かい合って座った。
俺はオークのグリルのセット、小雪はスパゲティにした。

「小雪、この世界の料理って地球の異世界の材料で作ってるだけに思えるんだけど」
「はい、それはじーくんとは違った方法で来た人達が広めたからです」
「それって転生って事か?」
「はい、じーくんはその私がじーくんの温もりを感じたくて無理矢理転移したものです。普通は前世の記憶持った転生です。勇者なども前世の記憶のある人からなるものが多いです」

なるほど。ならあれも一様、説明が着くということか。

「転生は多いのか?」
「いいえ、百年一、二度になります。これは神は一切関係が無いので。自然現象のようなものです」
「へぇー」
「お待たせしました」

店員が料理を持ってきた。何故、ここの人が女性はメイド服、男が執事服なのかが気になる所だが料理は普通に美味しい。

「じーくん、あーん」
「美味しい。小雪もいるか?」
「はい!!」

俺は小さいく1口サイズにしたグリルを小雪にあーんしてあげた。

「あつっ……でも、美味しいです」

俺は気が利かないな。冷ましてあげるように心に誓った。でも、熱がってる小雪が口をハフハフさせているのを見て可愛いと思ってしまう自分もいる。全部の小雪の仕草が可愛いから仕方が無い。完全に末期だ。

「じーくん、口元にソース付いてます」
「えっ」

小雪は指でソースを取ってそれを舐めた。

「ソースも美味しいです。どうかしましたか?じーくん」
「小雪もトマトソース見たいのが付いてるぞ」

俺は机から身を乗り出し、小雪の口元にあるソースを口付けで取った。

「…………」

小雪は完全停止した。俺はというとデートの最初のやらかし首筋にキスで吹っ切れていた。

数秒後

「じーくんのばがばかばか」

わざわざ、俺の隣に移動して肩をポカポカ殴っていた。俺は気にせず食べて終えた。

「もう、知りません」

そっぽを向きながらスパゲティの残りを食べ始めた。けど、偶にこちらに怒りの目線を向けてくる。

「そんなに嫌か?」
「嫌です」

小さな声で

「誰も居ない所でして下さい。恥ずかしいです」

今日で俺が死んでもおかしくない気がしてきた。

ーーーー小雪sideーーーー
じーくんが帰って来てから、前よりも積極的に行こうと決めていました。けど、じーくんの方が更に積極的になっていました。

ずるいです。

「行くか」

じーくんは私を食べ終えてから少しした後に外に出ました。勿論、お会計を済ませて。大通りは真ん中に馬車道があり、馬車が通るのでそちら側にいつもじーくんが立って歩いてくれます。

そういう所も大好きです。愛してます。

「次はどこに行く?」
「じーくんがいるなら何処でもいいです」
「じゃあ、バザーでいいか。まだ見てまわれてないしな」

スルーですか。でも、私は気づいていますよ。一瞬、身体がビクンとなったのを平静を保っていても私にはお見通しです。ずーーーっと見てるんですから。ノートもまた増えて、約百冊になりました。私が拗ねると可愛いとか思ってるのも予想出来ます。イラッとしますけど可愛いと思われてるので、八割程は嬉しいに変換されてしまいますけど。

バザーに着きました。昼になると先程よりも人が多くなっていました。するとじーくんが腕を組むのではなくじーくんから遠い方の肩をじーくん側に引き寄せました。じーくんの匂いが更に伝わって来て幸せ過ぎて天に昇りそうです。

「逸れるなんて嫌だから」

耳元で囁かれて、じーくんの息遣いまでもが伝わります。腕を組んでいても逸れることなんてないと思います。それに探そうと思えば、私達はいる場所が探知し会えるとても嬉しい状況です。でも、それでもじーくんが私を引き寄せてくれたのはとても嬉しくて甘々です。

「ふふん。そうですね」

私はじーくんに抱きつく形で歩き始めました。




まだまだ終わりません。











「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 年中眠休

    どうも、年中眠休です。
    1杯の珈琲があったら、あれこれ砂糖の山じゃね?と言うくらいです。

    4
コメントを書く