女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

ただいま

「コユキちゃん大丈夫?」
「いえ、仁さんの成分が足りなくて、限界に近いです」
「ジンが居なくなってから随分経つしね」
「はい、75日と11時間22分45秒です」
「ユッキーの愛の重さを感じるね」
「うん、少し怖い」

私達は昼休みの間、仁さんが入学しの時に寝そべっていた小さな丘の上の木の下でご飯を食べていました。昼食は食堂を使用するか自分で用意するかですので、私は3人分のご飯を作っています。もう一人分を最近では手が勝手に作ってしまいます。それは捨てるのもあれなので大食いのクーシュさんが食べています。最近では、仁さんの場所を感知しない様にしています。それだけで遠くに離れてる場所にいると明確に分かってしまって怖くて仕方が無いです。

「コユキちゃん、ご飯また残すの?」
「はい、食欲がなくて。私はこれで失礼します。午後の授業はおやすみさせていただきます」

最近、授業も体調が悪くて休みがちです。

「うん、分かった。お大事ね。コユキちゃん」
「ユッキー……。」

私は寮に戻りました。

ーーーーーーーー
「ユッキー、大丈夫かな?」
「全然、そう見えないね」

2人は丘の上で自分らの生命線とも言える小雪のお弁当を食べていた。

「甘いね」
「そうだね」

卵焼きの味付けを間違えるほど、小雪は弱りきっていた。2人は教室に戻ると、他のクラスメイトも既に各々グループもしくは1人で喧嘩や談笑、本を読んでいた。

「お二人さん、コユキさんは」

同時に2人とも首を振った。金色の髪をした少女はとても辛そうな顔をしていた。

そして、外は彼女等の雰囲気を感じたのか雨の音が鳴り響き始める。

「そうです。私もナナシ様が居なければ、すごく辛いですし、その気持ちは重々分かります」
「ボクも分かるよ。大切な人が……」

アーモンドの様な目にモヤが一瞬かかったようであった。それは誰も気づくことがなかった。

「けど、そんな表情をしてたら更に辛くなるからね。ボクは明るくいつもいるんだ」
「クーシュちゃん、それって」
「ちょっとしたジョークのつもりだったんだけど……ごめん」
「もう!!クーシュちゃん」

マナは頬膨らませる。

「クーシュさんの言う通りです。待っている側は笑顔で居るべきです」
「「アオイちゃんの言う通り」」

アオイと双子の公爵家令嬢も賛同して、その場を暗い所から1点して明るい雰囲気になった。

「でも、友達のユッキーが彼処まで追い詰める状態になってるんだから、一発は殴らせてもらうよ」
「ええ、私もそうしましょう」
「私も」
「「私達も」」

少女らはそんな事を決心しするのだった。

けれど、雨音は鳴り響き続けた。
ーーーーーーーー

私は寮にあるベッドに倒れ込みました。3つある内の私のベッドにダイブをする様な形で。

寂しい気持ちに包まれてる感じです。

時計の針の音だけが鳴っていました。次の瞬間には雨音が部屋に聞こえて来ました。

寂しい
寂しい

仁さん…

早く帰って来てーー!!!

私の涙は雨音にかき消されていきました。





目が覚めると、隣には規則正しい寝息が聞こえてきました。雨の音も止んでいました。いつもの夜

月明かりが、部屋を照らしています。時計の針は規則正しく鳴っていました。私には毛布が掛けられており、枕は濡れていました。

「外の空気が吸いたいです」

ベランダの無い、部屋ではなく寮の外に出ることにしました。夜間の外出は校則違反になりますが、この学校は校外に出なければ、校則違反に問われないです。更にここの学園は広大な敷地なので、気にせず寮の外に出ることができます。

私はあの小さな丘に行きました。外は雨上がりで少し霧が出ていました。私は服が濡れるのを構わず、木に寄りかかり座り込みました。最初に仁さんにこの世界で触れたのは木に寄りかかって、肩が触れていた状態でした。

「仁さん……まだですか…まだ、我慢しなきゃダメですか?」

誰も、それに応答することはありませんでした。

私にとって、全部が貴方の為なんです。








「それは、俺だって同じだ」

その姿を見て、

その声を聞いて、

その立ち姿を見て、

「仁さん……」
「ただいま、小雪」

その暖かさを知って、

「おかえりなさい、仁さん」

小さな丘の木の下で、月明かりの下で2つの影は抱擁し、映画のワンシーンかのような甘い甘いキスをした。









「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    月明かりのもので?月明かりの下で?

    1
  • 年中眠休

    どうも、年中眠休です。
    今回はコメント欄でコメントをさせてもらいます。

    ロマンチックに演出をしたつもりです。小雪の思いを書いていて「こんないい子をほっとく彼氏を見てみたい」
    なんて、思ってしまいました。
    筆者自身、ロマンチックなシーンが好きなのでまたこういうのを書いてみたいです。

    それでは2人の異世界ストーリーを引き続きお願いします。

    3
コメントを書く