女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

クラスメイト達との授業…2

授業は私が自分の世界に行っている間に進んでいた様です。魔法基礎学は魔法のについてごくあり前の事を先生が永遠と話しています。

退屈です。

仁さんがいたら、寝てるのでしょうか?
それとも、目を輝かせているのでしょうか?隣の空席を見て、そんな事をずっと考えています。

「では、小雪さん。魔法で誰でも使えるものはなんですか?」

と、おじさんの先生が突如として当ててきます。私はゆっくりと立ち上がり、発言をしました。

「はい、一般的には生活魔法なります。これは属性魔法が使えない方、魔力が少ない方でも発動できるものです。例を挙げれば、クリーンという衣服や体などを綺麗にする魔法です。ですが、魔力切れの状態、もしくは魔力を持たない人の場合です。さらに魔物のなども使えないものは多々居ます。この事から魔法が誰でも使えるという事は有り得ません」
「う、うむ、そうですね。ゴホン。流石、優秀な生徒です。私も安易に質問してしまったようですね。では、次に行きましょう」

おじさんの先生は少し驚いている様です。それと貴方に褒められても嬉しくもないので余計なことを言わずに授業を進めてほしいものです。

私はまた、空席を見ながら時間を過ごしました。

午後になり、私達1ーA組は珍しく師弟での授業ではなく、全員で授業を受けることになりました。

私達は広い広い校庭に集合しました。

「では、これから騎獣の練習を行います。皆さん、騎獣を呼んでください」

「ホタル来なさい」

私が声をかけると、地面が輝き、ホタルが現れました。何度か見ましたが、やはりとても幻想的な登場をしていると思いました。

周りを見ると他の方も色々な騎獣を出していました。大きなウサギから熊のようなものまで様々なものがいます。

ウサギさんは可愛いらしいです。後で触りに行きましょう。ホタルは座り込む様な体制になり、私が乗りやすいにようにしてくれました。私はホタルにアイテムボックスから取り出した特注の鞍を付けます。それに跨るのでなく腰を掛けるようにして乗りました。

「貴方は私よりも王女様のようですね」
「ユッキー、優美すぎだ」
「可憐です」

「「俺の女神様なだけ…あっあ!!やるのか??」」

また、2人が喧嘩を始めたようです。アオイさんとクーシュさん、マナさんは私を見てそんな事を言っていました。

「全員、騎獣を出したようね。これから騎獣の出来ることを確認する事、自分との相性を把握してくださいね。後は騎獣となった彼等には何かしらの能力が備わってるわ」

フーマさんの騎獣は黒猫でした。

「私の場合はこの子は乗ることは勿論出来ないわ。けど、この子は潜入はお手のものよ。そして、この子の能力は視覚を共有する事よ」

フーマさんはとても自慢げに話しています。いつもは大人びている彼女ですが、今は少し子供のようです。

仁さんはどんな騎獣なのでしょうか。見て……見たくないです。仁さんの隣は私の席で騎獣だとしても許せないです。わがままかも知れませんが、私をここまで放置してる仁さんが悪いです。

ふと、周りを見ると各々が乗ってみたり話しかけてみたりなどを行っていました。私が仁さんの事を考えている間に話しが終わっていたようです。

「ホタル、軽くグランドを歩いてみましょう」

ホタルはゆっくりと歩き始めました。ですが、私の方を見ないに仁さんの事を考えていた私に嫉妬をしてるのかも知れません。


「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    自分の騎獣は良いのかw ダメな浮気者の思考じゃないかな

    1
  • ペンギン

    早く仁を登場させてほしい...。
    小雪が少し可哀想に思えてきました...
    これは、僕だけなのでしょうか?

    0
コメントを書く