女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

主役のより、ヒロイン書く方が楽しいよね

最後の方に残酷の表現が含まれてます。


仁さん会えなくて、既に65日と14時間46分49秒が経ちました。神の身体の時より、時間が長く感じます。日本のことわざで一日千秋とありますが、仁さんがいない1日は万の秋が超えるように長く感じます。

会いたくて仕方がありません。

既に仁さんの黒いスーツからは私の臭いしかしていないです。いつも、抱きしめて寝ているせいかもしれないです。仁さんノートも既に数え切れないほど書いていますが、女神時代のは置いてきてしまったのでまた、最初から書き始めました。クーシュさんにノートの事を聞かれたので答えたところ

「ユッキーの愛は重いね〜」

と言われました。解せぬ(仁さんが思っていると思われる表現を使ってみました)です。今日はクーシュさんとマナさんと一緒に王都でショッピングすることになりました。そして、シロちゃんも一緒に来ています。シロちゃんは今は私が所有する奴隷となっています。シロちゃんが言い渡された命令も私を守る事ですので、問題はないようです。因みに学校、一週間に2日間のお休みを貰っています。つまりは学校は5日間となっています。私は久しぶりに私服を着ました。と言っても白いローブですけど。あの着物は仁さんに

「他の人前で来て欲しくないと」

と言われてしまったので仁さんが近くにいなければ絶対に着るつもりはありません。あれには仁さんとスーツと同じ効果のある有用な防具ですし、私服とは言えないです。シロちゃんは動きやすい格好に変化したミニスカート版のメイド服です。腰には仁さんがプレゼントし短剣があります。2人の準備が出来るのを待っています。

「小雪様、どうかしたのでした?」
「いえ、何でもないです。今日はメイド修行はいいのですか?」
「はい、私は小雪様を守ることが目的でした。なので、今日は休んでも大丈夫でした」

相変わらずの「でした」の語尾が可愛らしいです。耳もピクピクして、尻尾も振られており、最高に可愛いです。

「小雪様!!」
「あぁ、癒されます」

私はシロちゃんをもふりながら待つことにしました。驚いていたシロちゃんも気持ちよさそうにしています。

ーーーー
「お待たせ、ユッキー」
「お待たせしました」
「いえ、全然大丈夫です。さあ、行きましょう」

私達は王都にある王城と門を一直線に伸びる大通りに来ています。服を見たいとマナさんが言ったので私達は服屋を探し歩いています。シロちゃんに対する目線が多く感じます。

それも好意的な目のではない気がします。

「大丈夫ですか?シロちゃん」
「は…はい、大丈夫でした」

服屋に到着しました。






俺は仮面を被っている。笑みを浮かべている白い仮面は俺からしても異様であり、不気味だ。相手から見ても更に恐ろしいものだろう。

月は真上にあり、俺を照らしている。目の前には両手首を締め上げ、身体は木に固定されていた傷だらけの男がいる。

「お、おれはナニモシラナい」
「その言葉は聞き飽きた」

周りには血を流しピクリとも動かないものとかした奴らがいる。そして後ろには白髪の太刀を持つ、俺の師匠とハイエルフのS級冒険者のグロムがいる

「ほほ、んどうだ」
「……最後に1度だけ聞く、誰がお前らが送り込んだ奴だ?」

俺はある絵を見せつける。

「しししらない、ほほんとうだゆるじて
ギャァァ」

俺は証拠を残さない様に首を地に落とした。末端には何も言ってないか。

「どうする仁君」
「学園に戻る。小雪に会いたいしな。汚れた目だからこそ気づけることもあるかもしれないしな」

グロムは一瞬、暗い表情になるがすぐに戻った。

「そうか、気をつけろ。皇国と夜叉族は鬼神の為なら今は何をしでかすか分からない」
「ああ、俺は先に行く」

俺はその場を去った。

「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    やっと、仁さんが登場しましたねw
    これからの展開を楽しみにしています!

    0
コメントを書く