女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

師匠?いやいやただの戦闘狂

「何のつもりだ?」
「君は私が鍛える」
「それでどうやるんだ?」
「こうやるのさ!!」

白髪の女はが突進して来た。

この女は

戦闘狂と一瞬で理解した。女の手には太刀が握られている。

「上等だ!!」

俺は愛銃を手にする。ナナシとの戦いの傷は小雪によって治っている。俺はこいつとの戦闘で強くならなきゃならない。この国でもトップクラスの実力を持つだろうこいつに。

ーーーーーーーー

俺は思い知った。俺は圧倒的な経験不足だ。まともにやり合ったのはオーガの大軍とアラクネ位なもので、後はなんとなくで戦っていた。

奴は違う。経験で培った技術で俺を翻弄し銃撃をも予測する力。まるで未来を見て行動するかの様な感じだった。奴には傷一つ無いがこっちは既にボロボロだ。

「まぁ、こんなもんか。王城の時よりも君は弱くなっている。いや、制限しているのかな。バカにしているのか?」
「ハァハァ…馬鹿。ハンデに決まってるだろ?」
「ほぉー、死ぬ覚悟は出来てるんだな?」

さっきよりも、殺気を肌に感じる。

「お前こそ」

俺は奴の地雷を踏み抜く。それは奴の培って来たプライドを…俺はそうしなければならない。ここで必死に生き残れば、俺は強くなれる、そう確信したから……。

ーーー小雪視点ーーー
私の前から仁さんが居なくなりました。またも転移魔法を使いました。この国のトップクラスは簡単にそれを使いすぎだと思います。そんなに簡単なものだとは思えないのですが…。

それと仁さんを攫ったのは万死に値するのですが、それも女性の方が。今回は仁さんが強くなるのなら我慢します。

それでわたしの師匠となるのは、

「何を見ている。片割れバカップル」

統率でした。

「さて、やる事は」

ゴクリ

「紅茶を上手く入れることだ。お前のとこの白狼はまだまだでな」
「紅茶ですか?」
「ああ、紅茶だ」
「……。巫山戯てますか?」
「我は大真面目だ。まず、魔法でお前に教える事などない」

目の前のゴスロリ衣装の女の子は無表情で私にそう告げてきました。黒く長い髪とゴスロリはまさに人形にしか見えません。

「片割れバカップル、我を女だとそう言ったな?」
「は、はい」
「我は男だ。これは今はいないが白狼に色々仕込んでいるメイの趣味だ」
「………。」

私は呆然とするとしかありませんでした。




どうも、年中眠休です。

甘さが足りない…。

さて、今回は統率が自分の部下の趣味によって女装していました(笑)。名前もレイナなんて言うから女っぽすぎですよね。上手く騙せたかな?
仁の視点でやってるので、女性という扱いをしていました。

ではでは、2人の異世界ストーリーをお楽しみください。



「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 年中眠休

    どうも、年中眠休です。
    内容が薄いのは申し訳ないです。
    内容が濃いのが読みたいのでしたら、趣味で書いてる自分のより書籍化されてるのをお読み下さい。

    0
  • -弧+妻

    不適切な内容が含まれていたため運営により削除しました。

    0
コメントを書く