話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

クラスメイト、紹介

全員が席についた。

何故ならば、先生が来たからだ。俺と小雪はその人物を知っていた。

「フーマさん!??」
「久しぶりね、小雪ちゃん。それとジャイアントキリングもね」
「お前ここの教師だったのか?」
「ええ、貴方達の調査の為に近づいたのよ。ごめんね騙すような真似をして」
「別に」
「いえいえ、フーマさんのおかげで私は冒険者としてしっかりやれたので気にしてません。寧ろ感謝しています」
「ふふふ、そう言ってもらえると有難いわ」

俺はどうでもいい事だけど。

「それでは、1人ずつ自己紹介してもらうわね。じゃあ、そこの黒髪の子からね」
「……。僕はナナシ」

ナナシは黒髪、黒目である。
それだけ言うとすぐに座った。

「えーと、次の人」
「俺は一ノ瀬 仁」
「「………。(2人連続で名前だけ)」」

と、ここにいる2人以外は思ったのである。

「つ、次の人」
「はい、私の名前は一ノ瀬 小雪です。私の得意な魔法は氷魔法です。武術はあまり得意ではありません。皆さんよろしくお願いします」

綺麗なお辞儀を見せて、小雪は座った。ほかの人から拍手喝采だ。

その後も自己紹介が続いた。
喧嘩していた赤髪の少年Aと青髪の少年Bは城であった赤髪の奴と青髪のやつの息子らしい。
後は、アーサーの妹で第二王女と平民だけど武術の天才の少女A、精霊が見える平民の少女Bがいる。後は伯爵家の娘の長女と次女だ。

名前?いや、興味ないし。覚える必要も無い。まぁ、とにかくここにいるのは他のクラスにいると何かしらの問題になる奴らだ。誰が問題起こす奴だ!!

「これから、魔力量を計測します。その後に、対戦をしてもらい、1人ずつの特訓プログラムを用意します。」
「フーマさ…先生。その様な事をしたら指導する方が足りなくなるのではありませんか?」
「いいえ、そんな事をするのはここにいる人だけよ。10人なら大丈夫よ。ここにいるのは将来有望すぎる子達だけよ。一様、貴方達はクラスメイトだけど、授業を一緒に受けるのは座学と一部の特別の授業だけよ。他は1人に1人の指導者がつくわ。師弟制度ね」

すごい特別待遇だな。

「今年は多いけど、去年は3人、一昨年は4人しかいないわ。それだけ、今年は優秀な子が多いのよ。さて、私に付いてきてね」

そう言うとフーマは教室を出た。

俺らもそれに続く。

案内された部屋は真ん中に水晶がある真っ白な部屋だった。

「ここが魔力量計測するための部屋よ。あの水晶に触ると魔力量が分かるわ。最初は…」

魔力って何だ?

俺はそんな疑問を持ちながら名前を呼ばれるのを待った。




どうもお久しぶりです。年中眠休です。

やっとクラスメイトの設定が何となく出来たのでまた書き始めます。読まれている方、ありがとうございます。もうちょいしたら、クラスメイトの設定を載せるつもりです。それと彼らはナナシ以外、名前を決めてないです(笑)。この子はこんな名前がいいなどをコメント頂けると幸いです。(〃・д・) -д-))ペコリン

これからも2人の異世界ストーリーをよろしくお願いします。





「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    +(0゚・∀・) + ワクテカ +

    0
  • レッディー

    テンプレの予感がする

    0
コメントを書く