女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

設定

世界設定
 

   [ソル王国]

仁達がいる国。騎士団が存在し王都以外は騎士団が領土を貰い都市ごとに経営をしている。東西南北にある巨大な都市は「四銃士」と呼ばれる騎士団らが経営し、王の次に権力を持っている。騎士になるには王都にある学園で卒業し騎士の資格をとる必要がある。

西
   [ルナ皇国]

皇帝が独裁政治を敷いている。軍を持ち、ソル王国とは険悪の仲である。魔法と科学を組みあわせた様な発展の仕方で、ソル王国よりも総合的に戦争に対しての技術が発展しているが魔法という点で負ける為に痛み分けになる場合が多い。今の皇帝は穏健派の為、ソル王国との戦争は小競り合い程度になっている。


ーーーー
2つの国がこの世界の一部を占めているが、未開拓の場所も少なからずある。その1つとしては迷宮である。

世界樹を守るエルフの里は名前は知れ渡るが、場所まで知られていない。

ーーーーーーーー
種族

人族
獣人族
エルフ族

亜人族(オーガや夜叉も含まれる)


ーーーーーーーー
お金
単位はエル

1円=1エル

ーーーーーーーー
時間
単位は分
距離などもメートルなどそのまま。

ーーーーーーー
仁の追加情報

特殊弾
雨…飛距離が長い散弾。威力は通常弾と一緒
雷…雷の剣を10分間作り出す。
霧…霧を発生させ、視界を悪くする。少しだけ幻覚作用があり、方向感覚を狂わせる。

祝詞(陽)…太陽のような高熱を前方に撃ち出す。全てを灼き尽くす。1日に3回まで使える。

小雪の追加情報

魔法詠唱を必要とせず、氷と風を操る。一つ一つが強力でそこら辺の魔法士など埃程度

シロ
身長 140センチ
体重  秘密
武器…短剣

見た目…真っ白な髪に獣耳と尻尾がある。目は青い。

備考
語尾に「でした」つける






と書いてみました。

そして、筆者はひしひしと感じることがあります。
戦闘シーンって書くのが難しい…。という愚痴でした。

これからも2人プラスαの異世界ストーリーを宜しくお願いします。

「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く