女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

ギルマスとご対面

俺が目が覚めたのはあれから三日後のことだった。

小雪は言うと、

「小雪」
「…」

プイッという効果音が聞こえてきそうな、見事な無視っぷりである。可愛いからこのままでもいいけど…。そして、何度も可愛らしいプイッをして怒りの目線を送ってくる。今日、1日これでよくね!!?

シロはいつも通り俺の後ろに付いている。

「シロ、どうすればいい?」
「知りませんでした」

こちらも怒ってらっしゃる。いつもよりも声が冷たい。そして、うつ伏せたまま俺と話している。

「仁さん、これをどうぞ」
「えっ、ああ」

急に小雪は俺に手紙を渡してきた。蝋印をしてあり、そのマークはギルドのものだ。

封筒を破り捨てて、中身を取り出した。

ーーーー

A級イチャラブの片割れ男へ

われの下に来い。あれに付いて聞きたいのだろう?
                                                 
                                                       ギルドマスター統率

ーーーー

お礼もなしか…まぁ、いいけど。話しを聞かせてもらおうか統率どの

「少し、行ってくる」
「ダメです」

俺は小雪に袖を掴まれた。小雪は下を向き、顔を合わせてくれない。

「街から出ないよ。統率に会い行くだけだ」
「ダメです」
「危険「ダメです」

聞く耳を持ってくんないな

「私が怒ってる理由が分かりますか?」
「危険を犯すことって訳じゃなさそうだな」
「はい、この世界では仕方がないことです」

まぁ、魔物が闊歩する世界だからな。
小雪はさらに強く袖を握りしめた。

「仁さんは私のモノ「「小雪(私)は俺(仁さん)のモノ」」
「私達は一心同体です。危険を犯すなら私も一緒です。泣く時も、笑う時も、そして死ぬ時も一緒です。だから、私を置いてく事は許しません。ずっと私の目の前に居てください」
「小雪」
「はい」

俺は小雪の涙を指で拭った。

そして、唇を奪った。

俺にはそれしか出来なかった。

ーーーーーーーー

俺らは統率の部屋に通された。

そして、目の前の光景を見て唖然とした。

最強の男なんて、呼ばれていたので俺はてっきりごつい男だと思ってた。

われなんて書くから、さらに男だと思ってた。

肩のマッサージをして、うっとしりした表情している女性とそれを受けてこちらを睨むように見ているゴスロリの少女だった。

「来たか、バカップル。われが統率だ」


「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 年中眠休

    これからのお楽しみです

    2
  • 火野目 燐助

    なぞでしょw最強の男って肩書きだから男だと思ってたで充分じゃん。
    そもそもなんで女なのに最強の男と呼ばれているのかそのへんの設定がわからん。ギルド職員とかは立場上知ってないと困るはずだし、一目見ただけで女性だと分かるくらいの外見なら尚更。
    わんちゃん二つ名がついた時はフルプレート装備で顔隠してたから男と勘違いされたのかもと思ったけど何かの危機を救ったとかで付いたならもっと英雄的な名前になるだろうし何かの大会で優勝して呼ばれ始めたとかなら流石に性別のデータくらいあるでしょう。しかも優勝すれば最強と呼ばれるレベルの大会にでるような人なら最低でも本戦出場者、その試合についていけることを想定して用意されるであろう元高ランク冒険者とかの解説、実況のひとなら動き見ただけで女性と分かるだろうしね。あと、小雪はさすがに知ってただろ。

    2
コメントを書く