女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

仲良しも喧嘩くらいするよね…1

「行方不明ってどういう事だ?」
「冒険者達が迷宮に向かう事に帰ってこないのが続出しています」
「それが普通なんだろ?」

迷宮というのは空気中にある魔力の影響で出来る異空間のようなもので入り口は洞窟だったり森だったり色々らしい。冒険者はそこに潜り、最奥にある魔力の塊である魔石を持ってきて換金したり、途中で出没する魔物の素材で生計を立てている者も多いらしい。

と、小雪が前に俺に聞かせてくれた。

「はい、冒険者も生命を落とすのを覚悟で迷宮に潜るのですが、今回は9割の冒険者が戻ってきてないのです。それでギルドマスターも単独で乗り込んで行きました」
「なるほど」
「ギルドマスターも戻って来ず、冒険者の枷が外れ暴れる者も増えました。王民からも非難の声が挙げられています。さらに、ギルドマスターが居なくなったことで兵士達もピリピリしております」

ギルドマスターの権力と力量は凄いということが分かったな。あの白髭の爺さんも居なくなればこうなるのか?

「事情は把握した。場所だけ教えてくれるか?」
「まさか、貴方達もそこに行くつもりなんですか?既に100人程の冒険者達が帰って来てないのですよ!!」
「いや、行かねぇよ」
「「えっ…」」
「そんな危険な場所に近寄らない様にしようと思っただけだ」
「そ、そうですよね」

受付嬢はしょぼんとした表情になりながらも場所を教えてくれた。なんか行く流れだと勝手に思われたので、俺には関係ない

依頼もこの状況のためか、ほとんど来ていない
金はあるから俺には無関係だけど。

俺らは外に出た。

「仁さん、本当に行かないのですか?」
「ああ、危険な事はしたくない」
「そうですか」
「ご主人様…。」

何だ、この後から悲しげな視線を受けるのは。
小雪の命を最優先して何が悪い?

「行かないものは行かない。今日は宿を探して寝るぞ。旅で疲れた」
「分かりました」
「はいでした」

《豚の肥満亭》
と変な名前の場所を見つけ俺らは飯を食べ寝た。

ーーーーー

真夜中、目を覚ました。

「悪いな、小雪」
大切な人を危ない目に合わせる理由には行かなくてな

俺はいつものスーツを着て、置き手紙を机に置きそっと部屋を出た。

王都の門は閉まっていたので、壁を走って登った。自分でも思うが既に人外なのだろう。

登りきると、ジャンプして降りた。足にジーンと来る。
少し歩くと聞き慣れた声が聞こえてきた。

「仁さん、1人で行くつもりなんですか?」

後ろを振り向くと、小雪とシロが立っていた。

「ああ、ギルマスが持ってるかもしれない情報が欲しくてな」
「仁さん1人では行かせません。絶対に」
「俺は1人で行く。小雪の為に」

小雪は俺の行く手を宙に舞い、前に立った。

「そうはさせません、必ずここで止めます。仁さんの為に」 

小雪は杖を取り出した。戦う時のオーラが俺を包んだ。俺も愛銃に手をのせた。

「リロード」
「凍りつきなさい」

小雪の凍らせるよりも早く俺は動いた。

バン、バン、バン

全てを足元に向かって狙った。

パキーン

銃弾は凍った瞬間に粉々になった。

「はじめて、凍らせるのを失敗しました」
「俺もはじめて銃弾を凍らす人を見た」

「絶対、通る」
「いえ、通させません」





「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー240483

    何やねんこの展開w

    3
コメントを書く