女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

王都に着いた

目の前には数十メートルもあるでかい石の壁になっている。

「デカすぎだろ」

俺が戦ったオーガもここまで大きくない。壁の上にはバリスタらしきのが見える。どう見てもやりすぎだ。俺がいた街も王都よりは小さいがかなり大きい街だった。更にはあっちには近くに魔物が発生する森があったが、ここまで警戒した様子はなかった。

そして、門番の差だ。あの街は見張ってるだけで怪しいヤツに質問をしてる程度だが、こっちは

「次の奴」

1人ずつ身分を確認している。

「一ノ瀬 仁…A級冒険者か」
「はい」
「よし、入れ」
「どうも」

身分が証明が出来れば簡単に中に入れた。

けど、

「冒険者ってだけであの目は何が起きてんだここで」

蔑む目が浴びせられた。中に入ると3つの建物が分かる。1つは白と青の綺麗な洋城。もう1つは石造りの洋城。さらにもうひとつは他のとは作りは違うが海外にありそうな学校だ。

それにしても…。
「仁さん、どうしましたか?」
「いいや、別に」

次の問題は
嫉妬、差別の目が俺に向けられている。

嫉妬…小雪が俺と腕を組んで歩いてるから。
差別…これはシロに対してだけど俺のものだから、俺に対していいだろう。シロは俺の数歩後に歩いてる。

「はぁ、勘弁して欲しい」
「やはり、仁さんに危害を加える何かが」
「いや、いないから。小雪が可愛いから目立ってるだけだ」
「ふえっ…そ、そんな事ないで、です」

まだ、可愛いという言葉に慣れてないのか

「そんな事あるよ。だって…
「じじじ、じんしゃん」

俺は耳元に顔を持ってき、

「小雪は俺が一番大切な存在だから」

囁いた。

ぼふーん

「あれ?小雪」
「ご主人様、小雪様をいじめすぎでした」
「そうかもな」

小雪は真っ赤に顔を染めて固まった。小雪が復活するまでそこで待つことになったの別のお話し。

ーーーー
俺らは冒険者ギルドに向かった。
『世界最強の男』がいると言われる場所。そこは城のような石造りの建物だった。

中に入ると、人は数人だけで空いていた。
まぁ、昼だしあっちと比べて働き者が多いのだろう。
受付がズラリと10個ほどあるが、今は3人しか受付が空いていない。

「すまん」
「はい、ご利用は何でしょうか?」

受付嬢は営業スマイルを見せるがどう見ても疲れている。

「世界最強の男に会いたいのだが」
「はい?」
「嫌だから、ギルドマスターに会わせてくれないか?」
「申し訳ありません。ギルドマスターは只今、行方不明となっております」

「はっ!!??」


「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 年中眠休

    はじめてまして、
    多分、なおしました。訂正ありがとうございます。

    2
  • まさみゃ〜(柾雅)

    (*´꒳`*)はじめまして。最近読みはじめて追いついたものです。誤変換なのか分かりませんが、会いに来たが空きにきたになっていますよ。

    1
コメントを書く