女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

王都に、というか大体あれに会うのはお約束


シロがC級の冒険者になって俺らは街を出ることを決意した。

俺達は歩いて王都に向かう事にした。理由は特にない。騎乗用のペットとかもいるが王都までの距離は歩いて3日と割と近いのでのんびりと行きたいと小雪が言ったのでそうなった。

なんと言っても、このパーティは小雪が1番偉いのだ。
俺は小雪の使徒で、シロは俺の奴隷だから。小雪は俺らを顎で扱っていいことになる。まぁ、小雪は人をそんな風に扱える女神では無いが。

「お世話になりました」

俺らは朝早く街に出ることを伝えた結果

「「「マイスイートエンジェル小雪様がーー」」」
「お供させてください」
「英雄が旅立つぞ」
「あれがジャイアントキリングかっこいいわぁー」


街の半数が集まったかのようだ。俺らは町民から冒険者に囲まれて中々街を出れない。ゾッとする奴もいるが…。気にするのがめんどーだ。

「小雪ちゃん、ジャイアントキリングさん。王都に行くそうね」
「フーマさん!!」
「見送りに来てくれたのか」
「ええ、私もこの街を出ることにしたの」
「そうなんですか。残念です」
「ここでのやる事は終わったもの」

やること?

「なぁ、フーマさん」
「何かしらジャイアントキリングさん」
「やる事ってなんだ?」
「女には秘密があるのよ」
「あっそ」

フーマさんは唇に指を当てて誤魔化した。
聞き出すのは無理だな。

「シロちゃんも元気でね」
「は、はい」
「じゃあね。3人とも」

フーマさんはそう言うと人ごみへと消えていった。

……。考えても今は無駄だな。

「行くぞ。小雪」
「はい」

俺は久しぶりに愛銃を取り出した。

そして空に向かって、
バン、バン、バン
うるさかった人々が静かになった

俺は門まで伸びる道をゆっくり歩き出した。

門番の人が敬礼していた。

「またな」

小さく呟いた。

「クスクス、仁さんらしいです(ボソッ)」
小雪は後ろを向きお辞儀を、シロもそれに続いた。

「ありがとうございました」
「「「ウォォォォーーーーーーーーー」」」
大歓声の中、俺らは街を出た。

ーーーーーーーー
街を出て半日が経った。
街道、と言っても砂利道を歩く。日が当たりポカポカしている。乾いた風が吹く。

「眠い」
「休憩にしましょうか」
「ああ、少し寝たい」

朝早く起きたせいで昼になって眠くなった。

俺らは木陰に入り、小雪の手作り弁当を食べて俺は寝た。

ーーーー
仁さんの寝顔はいつ見ても可愛くて、愛くるしいです。
シロちゃんも仁さんの寝顔がじっと見ています。

仁さんは私の膝の上で寝ています。髪が少し擽ったいです。

「zzz」
「癒されます(でした)」

シロちゃんと同じことを考えてました。

仁さんを起こさないように笑いを堪えてると、シロちゃんが耳をピクピクさせました。

「小雪様、盗賊でした」
「分かりました」

私は静かに答えました。シロちゃんは愛用の短剣を手に握ります。


木の周りに盗賊達が周りにゾロゾロと現れました。私は仁さんを膝枕しているので身動きは取れません。

「ヒヒッ、金とお嬢ちゃん達がこっちに来ればその呑気に寝てるクソ男は助けてやるぜ」
「「「ぶひゃひゃひゃひゃひゃ」」」

「黙りなさい。豚ども、最愛の人を冒涜するなど万死に値します」

シロちゃんもコクコクと頷いています。

「やるのか「黙りなさいと言いました」
「凍りつきなさい」

私は盗賊の口と脚を凍らせました。

「「!!!!???」」

全ての豚が蒼白しました。

「うわぁぁーー」」

範囲外の豚が逃げ出しました。ですが、シロちゃんの足に勝てるはずもなく、首を短剣で一突きにしていきます。シロちゃんは一滴も血を浴びてません。

「さて、私も終わらせます」

足から徐々に凍らせて行きます。足は動かず藻掻くことしか出来ず氷像が出来ていきました。

全てが氷の像となりました。

「景観が損なわれます。飛びなさい」

氷像は風に乗って遠くへとなくなりました。

「シロちゃんお疲れ様です」
「小雪様は凄いでした」
「いえ、仁さんが起きなくて何よりです。」

私達は先程と同じく仁さんの寝顔を楽しむ事にしました。仁さんが起きたのは小腹が空く、3時頃でした。




コエェェーー

小雪の一途すぎる愛の編でした。自分で書いてて、中々のものだと思いました。
仁の「またな」はデレシーンかな。作者も仁というキャラよく分からず書いてます。

2人と1人の異世界ストーリーを引き続きよろしくお願いします。


「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く