女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

元女神はやらかしました…1

知らない天井だ。

身体を起こす。上裸で額からタオルが落ちた。

胸元には見知らぬ痣が出来ていた。雪の結晶のようなマークが出来ていた。

バシャーン

水が落ちる音がした。

「仁さ…ん」
「えっと、おはうわぁ」
「仁しゃん仁しゃぁぁん」

俺は小雪に押し倒される状態になった。小雪の涙が俺の肌を濡らす。俺は頭を撫でることしか出来なかった。すごい久しぶりにあった気がする。

かれこれ1時間ほど泣いた後、離れる気はないらしい。

「小雪、離してくれない?」
「ダメです。仁さんは心配をかけすぎです。罰として今日から3日間は私を大切にして下さい」

上目遣いに泣いた後で目がふっくらさせていて断る事なんて不可能だわ。

「分かった。けど、服を着させてもらっていい?」
「ふぇっ!!?す、すすすみましぇん」

小雪は勢いおく部屋の外へ出ていった。

また噛んだな。恥ずかしくなると小雪は真っ赤になって舌を噛むからわかりやすいな。

「あっ、服ないじゃん」

俺は最終的に小雪に服を渡してもらいその時も真っ赤な林檎のような顔を見れたので会得だったのは別のお話し。

俺が気絶したあと?俺は教会で治療を受けてここに運び込まれたらしい。ここは簡単に言うと俺の家となっている。ここの領主が俺のオーガ退治への功績を認めて送ったものらしい。いや、俺が起きてからやれよ!!

「そして、仁さんは3年間眠りについていました」

前言撤回、ありがとう領主。寝たきりの男に大事な土地をくれて。

「ごめん、心配をかけて」
「そうです。だから、私を精一杯甘やかしてください」
「ああ」

俺は小雪を引き寄せた。

「ふぇっ!!?」

小雪を俺の隣に座らせる。

「もう、小雪を一人にしない。約束する」

耳元で囁いた

「………。」
「小雪?」

あれ?反応がない。

「小雪」
「……。」

ハンノウガナイタダノシカバネノヨウダ
   じゃなくて、小雪の顔は幸せそうな顔をして気絶した。

精一杯甘やかせって言ってたし

「よし、やってやる、それとこの痣については聞かなくちゃな」

ーーーーーーーー
私が目を覚ますと、ちょっと硬いけどとても落ち着くものが頭のしたにありました。

仁さんが急にあんな事を言うから嬉しくて恥ずかしくて……。

「小雪、起きたか?」
「はい、……膝枕ですか?」
「ああ、甘やかしてるつもりなんだけど。嫌か?」
「いいえ!!とても嬉しいです。さっきの言葉もとても嬉しかったです」
「小雪?」
「もうちょい、このままでいいですか?」
「あ、ああ」

仁さんは照れると明後日の方向を向いて指で頬をかきまます。とても私は可愛いと思いますが本人は気づいていないのでしょう。

そろそろ言わないとダメですよね。あの事を


………。


よし、

「「あの」」
「ごめんなさい。仁さん。先にどうぞ」
「いや、小雪が先に」
「わ、わかりました。胸のあたりに出来た痣何ですけど……。仁さんを私の使徒にしちゃいました」





シリアスが一旦、終わりました。


「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • cardinal

    なんか色々超展開?ですね

    1
  • 伊予二名

    三年てwwwそんなに待たされたのに3日大切にされるだけでいいの?小雪さん女神なの?…あ、女神だったw

    1
  • ペンギン

    3年間ってすごく寝てましたねwその設定とてもびっくりして...面白かったですw
    筋肉とかは大丈夫なんでしょうか?

    0
  • ノベルバユーザー122719

    送った→贈った?

    0
  • 年中眠休

    使徒になったから半人的、つまりは人外なのでオケです。
    そのようにしといて下さい

    1
コメントをもっと見る / 書く