女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

異変…1

こんな伝説がある。

鬼神は古代、天界に住んでいたが凶暴性や残虐として追放された。その時、鬼神はほかの神を一体で戦い最後まで抵抗し続けた。だが、その鬼神はある生まれたての二体の神によって天界より追放された。鬼神は彼らの事を未だに恨み復讐を考えていると。

そして、その子孫はオーガ、であり、亜人でも最も残虐で恐ろしい怪物であると。

ーーーーーーーー

俺らは森から抜ける為に急ぎ足で出口に向かっていた。

「仁さん、こっちです。」
「ああ」

と、言っても俺は道なんて分からないので小雪に道案内をしてもらっている。

小雪がこっちをむき、俺と顔を合わせた瞬間

小雪の後方から木が飛んできた。

「小雪!!」

俺は小雪を押し倒し、俺らの頭上にそれは通過した。

ズドドドドドーーン

「大丈夫か」
「は、ひゃい」
「早く町にいけ。俺が食い止める」
「えっ?どういう事ですか?」

俺は騒音のした方を見ると木々は折れて、視界が良くなる。緑色の肌をした巨人が見えた。頭に2本の角を伸ばし手には木を持ち、俺らを見下ろしていた。それが沢山いる。そして、木が飛んできた方にもだ。

「オーガ……まつろわぬ神の傍系子孫ですか」

まつろわぬ神?何を言ってるんだ?

「私が「ダメだ。俺じゃこの森を抜けられない。それにあのおじさんギルマスも言ってたろ?俺の方が強いって。小雪は足で纏いだ。早く町にいけ。」」
「いえ、「行け!!!」」
「…わかりました」

俺は始めて小雪を怒鳴った。
オーガ達は徐々に周りを囲み始めている。

小雪は多分、町の方へと走り始めた。


小雪を追うようにオーガが動き始める。

俺が持つ愛銃、オーガに鋭い発砲を浴びせる。

「リロード」

音声で言うだけで通常弾はリロードが可能だ。
オーガは全てが俺を向く。

「さあ、始めようか。鬼退治を!!」

俺とオーガとの一体数百の戦闘が始まった。

オーガの五体が突進してくる。木という武器のリーチと体長がどいつも4m弱ある。

俺まで距離を一瞬で詰める。木を振り下ろす。
俺はそれよりも早く飛び上がる。

6回の銃撃音が鳴り響く。

オーガは頭を撃ち抜かれ倒れる。
「リロード」

すぐにリロードして、撃つがオーガはどんどん俺に向かってくる。どんなに減らしても仲間を踏み台にして、近づいてくる。

俺は胸ポケットから6発の雨のマークが書かれた弾丸を取り出し装填する。

「行くぞ」

1発の弾丸は増殖して

鉄の雨を降らせた。

「すげぇな。『雨』は多勢には便利だな。」

俺はその時、油断をしていた。

「なっ」

仲間を盾にして乗り切り、更にそいつを投げてきた。俺はそれをギリギリで回避したが、次のオーガの拳をモロに喰らった。

「…っっ!」

俺は何本のも木を貫通して吹っ飛んだ。

意識が飛びかかる。全身が痛い。

「けど、俺は…」

小雪が逃げる時間を稼ぐ。
俺はそいつを睨みつけた。1匹だけ色が違う。赤い色をしており、背中には2つの大剣を背負っている。そいつは俺へと強い者の風格と共に歩き近づいてきた。

「てめぇもオーガか?」
「ジンゾクよ。イノチヲサシダゼ」

手には何か丸いものを持っていた。それは禍々しく、死んでいるオーガから何かを吸い取っている。

「……悪いな。それは出来ない相談だ。惚れた女を死なせないために」
「オイガイノチヲイタダコウ、オマエノオンナモ」

その声は俺を怒らせるのに十分だった。

「お前の最後は俺が見てやるよ」


「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 理里璃々

    神って数えかた2柱じゃね?

    0
  • ノベルバユーザー227460

    神のこと2体では無く2柱にしてみれば

    0
  • ノベルバユーザー168282

    一体数百 -> 一対数百 デスヨネ

    0
  • ペンギン

    すごく面白かったです!
    これからも頑張ってください!
    応援しています!

    0
  • 火野目 燐助

    オーガが神のなんたらという設定ら珍しいように思います。他の作品でも強い部類の魔物だったりすることは多々ありますが…
    これからも年中無休で頑張ってください

    1
コメントをもっと見る / 書く