女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

ギルマスに目をつけられた

あれからモブ撃退すぐに俺、じゃなくて小雪は大人気になった。元々、モブはCランクだけど素行が悪くて嫌われ者だった。そして、この美貌だ。人気になるのも仕方がない。そして、俺はスーツ姿の為に執事や従者と間違えられるようになった。

小雪はギルマスに呼び出され俺は冒険者たちの餌食となった。

「俺たちのパーティーに入らないか?」
「いや、俺は人目「いや、私達は町に入った時から
「僕らはBランクだよ

パーティー勧誘(小雪が欲しくて)がうざい。

「仁さんから離れてもらえますか?皆さん」
「「「は、はい!!!!」」」
「仁さん、大丈夫ですか」
「ああ、ありがとう」

「……仁さんの笑顔はずるいです」

小雪は俯いて何かをぼそっと言った。

「小雪、話しは終わったか?」
「はい、Cランクになることになりました」

早っ!!

どこの主人公だよ。

「おめでとう。小雪」
「ありがとうございます」
「「「ぐっはーーー」」」

凄い良い笑顔だな
数人以外は倒れたな。コント軍団なのかな?

「じゃあ、依頼を受けて力を試してみるか。小雪が強いと分かってるし心強いな」
「えへへ、そう…ですか」
「ああ」
「待ちなさい。お前さん達」

そっちを向くと、白髭をこれでもかと伸ばしたおじさんがいた。

「なにかよう?」
「うむ、君にも様があるのだ。一ノ瀬 仁」

めんどくさいな。

「出来れば君にも、Cランクから冒険者を始めてほしい」
「何でだ?俺は小雪みたいな力はないぞ」
「いや、君からは彼女以上を感じる」

なわけないだろ。
元女神と元地球人だぞ。

「疑っておるな。若者を沢山見てきたのじゃ。自身を持て」
「さいですか。まぁ、Cランクからでもいいけど。一つだけいいか?」
「なんじゃ」
「腹が減ったから小雪と俺のご飯を奢ってくれ」
「「「………はっ????!!!」」」

周りをまた違うやり方で唖然とさせた。




どうも、年中眠休です。
皆さん、見てくれてありがとうございますm(_ _)m
まさか6話?でこんなにも見てくださる人達がいると思ってませんでした。

なかなか、物語は進みませんが暖かい目で見てくださいorz

これからも2人の異世界ストーリーをよろしくお願いします。

「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー173173

    誤字が多すぎ…確認しないんですか?

    1
  • ペンギン

    最後のは笑いの方の意味で面白かったですw
    全体でも面白かっです!
    投稿して下さりありがとうございます!

    0
  • ノベルバユーザー122719

    人目→一目?

    0
コメントを書く