女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。

年中眠休

潜在能力って分かりづらくね?

町に着いた。
半日くらいで着いたけど、魔物とか出会わなかったのは運がいいのか?それとも何か…。

まぁ、やっと微妙な距離感が縮まった。

門兵が町に入る人々を睨み付けている。ここはかなり大きい街であるのは確かだ。俺らは職質をかけられる事無く町へと入った。

「でかい町だな」
「はい、ここは商業が盛んで珍しい物も売っている場所です。エスペランザ王国の王都の次に大きい町です」

簡単に言えば、2番目に大きい町ってことか。

「小雪、ひとついいか?」
「はい、なんですか?」
「お金はいくらあるんだ?」
「ゼロです」
「ゼロ?」
「はい」
「この後、どうするの?」
「仁さんに任せます」

丸投げかよ!!
真面目なのに偶にポンコツの部分があるのかもな。

「いま、仁さん失礼な事を考えませんでしたか?」
「気のせいだ。所でお金を稼ぐ方法はあるのか?」

小雪はぷくぅー膨らめた頬を縮めて俺の質問に答えてくれる。

「はい、冒険者がいいと思います。仁さんはすごく強いですし、潜在能力もある程度は引き出せた筈なので」

確かに喧嘩で負けた事はないけど

「俺はこれマグナム44を使ったことはないし、潜在能力も俺のことだからたかが知れてるだろ?」
「そんな事ありません!!」

小雪は背伸びをして、俺に顔を近づける。身長差は多分、15センチ位ある。この身体に転生したのは半日前だから身長がどのくらいかは知らない。けど、この呼吸が顔に当たるほど近くに来るとドキドキする。

小雪もそれを感じたのか背伸びをやめた。

「興奮してすみません。ですが、仁さんの潜在能力は底がしれないのは元神様だった私が保証します」
「そうなのか、全く分からないけど小雪がそんなに言うなら信じてみる」
「ありがとうございます」

まるで花が咲いたかのような笑顔をする。半日しかまだ、一緒にいないけど小雪の笑顔は世界一だと断言出来る。

「どうしましたか?」
「い、いや。早く冒険者になる為の場所を探すぞ」
「はい、わかりました」

小雪は早歩きで逃げる俺を首を傾げて小走りで追ってきた。

ーーーーーーーー
優しいお爺さんのお陰で俺らは冒険者ギルドに労せずに来ることが出来た。かなり大きい木造建築で外にも酒の匂いがする。そのお爺さんは事細かにここについて教えてくれた。総合ギルドの中にあるもので魔獣や亜人(ゴブリン、オークなど)と戦い、毛皮などの材料を売るの仕事としている。原因不明だが、偶に迷宮と呼ばれる魔獣が出てくる場所に潜るのも冒険者の役割となっているらしい。

つまりはラノベとかでよくあるやつだ。

「入るか」
「はい」

俺は木の扉を開けたのだった。

「女神様の告白を承諾したら異世界転移しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く