話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生銀髪美少女は勇者にすべてを任せて楽に生きたい

美浜

第11話  vs変態さん 決着

「突然動かなくなりましたけど、気絶でもしましたか? ふん、気絶している美少女······、なかなかいいです!」


 グッジョブ! とかして、なかなかに気持ち悪いですけど、この勝負で勝つのは僕のようです。


「いえ、こいつは敵、敵なのです。一思いに殺してあげるのが、せめてもの優しさ!」
 
「アトラクト!」


 なんか、自分の世界に入っているようなので、その隙に魔法を使います。

 この魔法は相手の注意を何かに反らすもの。

 この魔法が効いている間は他のことが頭に入ってこなくなる。
 対象者からすると、一瞬時間が止まったかのような錯覚に陥る。

 効果時間は短いけれど、この時間ならば変態さんに気付かれずに行動できる。
 
 
「ダークスピア」


 最初にウェポンアーツで武器を作ったときにわかったのですが、僕は知らない魔法でもスペルさえわかれば使えるようです。

 なので不審者さんが使っていたダークスピアを使わせてもらいました。
 唱えてみてわかったのですが、この魔法は僕が使っていたアクセルやアイスロックなどの、唱えたらすぐに効果が出るタイプのものではなくて、唱えて時間が経ってから効果がでる、罠などに使えるようなタイプのものらしいです。

 ここで、不審者にも使った攻守共に優れているアイスロックを使わなかったのは、変態さんの言葉を思い出したからです。


『魔法を使わなければ相手の油断を誘える』


 実際に今、僕はダークスピアという魔法を使いましたが、アトラクトによって注意が反らされている変態さんにとっては、僕は魔法を使っていない状態。
 つまり、変態さん相手の油断を誘える。

 それと、アイスロックで凍らせても筋肉パワー、とか言って強引に壊しそうだったので止めました。


「はて? 私はどうして······、あぁ、そうでした。ではお嬢さん、覚悟はよろしいですかな? 目を閉じてください。すぐに終わらせますから」

「えぇ、そうですね。この勝負はもう終わりにしましょう」

 
 そう言って、僕は剣を構えて変態さんに襲いかかる。


「無駄な抵抗は止めにしましょう---がっ!? ······なぜ後ろから魔法が? 魔法など唱えていなかったはず......」

「それがあなたが言っていた油断・・ですよ」


 さっと剣を横に払い、変態さんの持っていた剣を落として、喉元に剣を突き立てる。


「チェックメイトです」


 遠くから見守っていた兵士たちのどよめきを背中に感じながら、勝利宣言をする。

 しかしどうしましょうか?
 変態さんを無力化したのはいいのですが、魔王の幹部だと思われていたようですし、他の人の誤解を解くのはなかにか骨が折れそうですね......


「いや~、まさかハルバルトの野郎を倒すとは思わなかったぞ。痴女······あ、いや、えっと······シルバーだったか?」


 これからの対応をどうしようかと悩んでいたら、後ろから勇者さんが声をかけてきました。
 無事で何よりです。


「はい、そうですね。合ってますよ。僕の名前はシルバー・エトランゼです。好きに呼んでください。勇者さん······あ、えっと······シオンさん」

「おう、俺の名前は知っていたみたいだな。じゃあ、お互い疲れたことだし、とりあえず寝るか。ついてこい。宿に案内してやる」

「えっ? いや、さすがにそんな簡単に泊めてもらえるのでしょうか?」

「安心しろ。レーラのやつが事情を説明しまくってたから、誤解は解けてるはずだ。早とちりしたのは、ハルバルトのやつだからな、明日にでも適当に金でも搾り取ってやれ。それでおあいこだ」


 そう言って、さっさと街に進んでいってしまうシオンさん。


「ちょっと待ってくださいよ~」


 さっきの戦いで傷ついた体をヒール癒す。
 ついでにハルバルトさんにもヒールを使ってあげる。



 長かった1日もようやく終わりに近づく。
 これでやっと、この世界に転生して初めての1日が終わることになる。







 ハルバルトとの一戦が終わって、皆が床に着いている頃、一人の少女が街の手前まで来ていた。


「ここが、あやつがいる街か。ふふっ、会うのが楽しみじゃの」

 
 フリーユの町で一人の少女が入ったことに気づく者は誰もおらず、いつも通りの朝を迎えることになる。

「転生銀髪美少女は勇者にすべてを任せて楽に生きたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 美浜

    コメントありがとうございます!!

    早めに更新できるように頑張ります。

    2
  • さんじゅーすい

    主人公の心情描写が上手いのか、読みやすくて頭にすっと入ってくる感じがよかったです。
    転生理由の妄想と現実は笑いました笑
    更新楽しみにしてます(^^)

    3
  • 美浜

    ありがとうございます!

    ゆっくり読んでいってください。

    2
  • 鮭@SAKE

    2話を読んで次の展開が気になる作品だと思いました。まだ2話しか読んでないのでゆっくりと読ましていただきます。

    3
コメントを書く