村人が世界最強だと嫌われるらしい

夏夜弘

崩壊 6

「何故貴方がここに……!」

 王の姿をみたシデルとライは跪き頭を下げる。クルルは、驚きのあまり冷や汗を垂らし、自然に拳に力が入る。

「そんな事は今は良い。それよりクルル、何故その者の仲間になりたいと申した? 理由を述べよ」

「それは……」

「言えないのか? このベルム=ヘキレウスの命令が聞けないと申すのか?」

 ベルム=ヘキレウス、ベルム国の王。腰まで届きそうな長い白髪、皺の多い顔、屈強な戦士のような目、少し伸びて纏まった白く染まった顎髭。年老いた風貌の中に、どこか若々しい力を感じる。ヘキレウスが着る全身を覆う白いローブは、ベルム国の紋章が描かれている。

「私は……私は、この人村烈毅なる人物が悪い者とは思えませんし、それに我々と同じ人間です。悪事も働いていない彼らを殺すことなど出来ません」

「ちょっ、クルルお前っ!」

「よい、シデル」

「はっ!」

「……クルル、お前は何故その者が善人だと申す? 其奴がこの国に何かしたか?」

「この国の者でない私が、烈毅がこの国にした事は分かりません。ですが、少なくとも町を破壊したり、人間を殺したりする様な事はしておりません」

「愚かな……其奴は多大な迷惑を掛けておるではないか。それも世界的な規模で」

「そのような事は……!」

「無いなどと口を抜かすな? 人村烈毅という人物は、この世界を危険に脅かし、国民に多大なる恐怖を与えているではないか」

「そ、それは……」

「分かるだろ? あの日、其奴が振りまいた濃密な殺気によって国民が恐怖した事を」

「それだけの事で……」

「それだけの事で十分なのだよ、奴を殺すには。この国、世界に、絶対的な恐怖という存在が居てはならないのだ」

 クルルは何も言えなくなり、下を俯く。その隣で聞いていた烈毅は、腕を組み、ただ話を聞いている。

「それでは困るのだよ。恐怖に怯える国民など見たくはない。それに、彼らは毎度毎度言ってくるのたまよ。『この国から魔王の子供を排除しろ!』と。知っておろう? 勇者である其方なら」

「……はい」

「その為にこうして敵国とも和解し、手を組み合っている。そうでなければ倒せないからだよ、その人物を。人村烈毅という人物を」

「その通りでございます国王!」

「私もそう思います!」

「ですが……それでも私は……!」

「口説い。いい加減理解しろ、クルル。貴様は我が国の勇者だ。我の命令に従い続ければ良いのだ。指名を忘れたのか? 勇者としての指名を」

「私は……」

「なぁ、ちょっといいか?」

 これまで横で聞くだけだった烈毅が、突然手を挙げて会話へ乱入する。

「あんた、さっきから国民がどうのこうの言ってたけどさ、そんな事微塵も思っちゃいないだろ?」

「何を言うかね? 吾輩は国民を愛し、国民を信用している」

「口ではなんとでも言える。だが、俺を殺したいのは別に理由があるからじゃないのか?」

「別の理由などありはしない。我は国民の願いを聞いているだけだ」

「国民が言っている、というのを理由にして動いてるだけなんじゃないのか?」

「人村烈毅! 貴様、王になんて事を!」

「よい、お前は何も言わなくていい」

「ですが……」

「下がっておれ。それで、人村烈毅。その根拠は何処にある? 吾輩がいつそのような事を申した?」

「だって、あんた此処に入ってきた時からずーっと殺気を隠してるよな? だけど隠しきれてないぞ? 殺したくて殺したくて堪らないって面してるぜ?」

 それを言った途端、王は何も答えなくなり、次には高らかに笑い始めた。突然笑い始めた王を前に、三人は微塵も動かなくなり、ただ王を見つめるだけだった。

「やはり、貴様にはバレバレだったか……流石は特異点だ」

「特異点?」

「貴様は我々の計画の邪魔になる。今ここで殺す!」

 先程までの口調は跡形もなくなり、王族の衣装を脱ぎ捨て、腰に携えた二本の剣を装備する。

「お、王……? 何を……」

「この時をどれ程待ち望んだか……貴様を殺せる日が来るとはなぁ!」

 ヘキレウスの風貌がみるみる内に若返っていき、細かった腕には筋肉か付き、長い白髪は短髪の黒髪になり、そして皺が消えて肉付きの良い顔へと変貌する。その姿に、その場の全員が呆気に取られ、動けないでいた。

「お前は一体……何者なんだ?」

「貴様に教えることなど一つもない。ただ痛みと苦しみを味あわせてやる事だけだ!」

 次の瞬間、ヘキレウスは瞬間移動の様な速さで烈毅との差を詰め、二本の剣で切りかかる。それに反応が遅れた烈毅は、咄嗟の判断で"負け知らずの最弱"を発動し、剣を受け止める。

「な、何が!?」

 突然目前から消えた王の姿に、シデルとライは驚愕の表情をし、クルルは下を向いたままピクリとも動かない。

 烈毅は、剣を受け止めた体勢からヘキレウスの横腹に蹴りを入れようとするが、それをヘキレウスは足で防がれる。烈毅が、そのまま押し切ろうと蹴りに力を入れるが、微塵も動かないヘキレウスは、フッと笑う。その次の瞬間、魔法陣が目の前に現れる。

「なっ、魔法!?」

 距離は目と鼻の先程しか無く必中の距離。ユニークスキルがあるとは言え、それが唯の魔法かどうかがわからない今、烈毅は迂闊にその魔法を喰らえない。

 そして、烈毅は一か八かの賭けに出て、その魔法を顔面から食らう。

 その爆風に巻き込まれまいと、ヘキレウスは魔法を放った瞬間に再び瞬間移動並のスピードで元の位置に戻る。

「そんなものでは無いだろ、人村烈毅」

 烈毅の顔面からは黒い煙が出ている。そして、呆気に取られたシデルとライは口を開いたまま動かない。クルルは、顔を上げ、烈毅の状態に息を呑む。

「ああ、こんなもんじゃない…………」

 烈毅は、煙を払い、首を二回左右に傾け骨を鳴らしたら、口角を上げ笑みを浮かべる。

「楽しくなってきたなぁぁあ!」

「村人が世界最強だと嫌われるらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く