村人が世界最強だと嫌われるらしい

夏夜弘

二難去ると、次は災難が起こります 9

 日が昇り始めた頃、烈毅達は訓練場へと集まり、烈毅が前に出て、他のメンバーは横一列に並ばされ、直立姿勢をされていた。

「皆さん、よく眠れましたか?」

「「「「はーい」」」」『ねむれたな』

「よし、それならばよろしい。今日から本格的に特訓を始めるわけだけど、昨日聞いたメニューを必ず終わらせてください。でなければ夜飯は無しです」

「「「「はーい」」」」『うむ』

「よろしい。じゃあ訓練開始!」

 そんな特に意味の無い集会を終え、各自バラバラに散らばり、早速組手を始めた。

 烈毅は、場所を転々と移動しながら、細々と注意をしながら回って行くことにしている。

 練習内容はこうだ。

 まずはレーナ。彼女は基本ステータスが周りの人とかけ離れており、言っては悪いが足でまといになりかけている。そのため、彼女のトレーニングが一番ハードになっている。

 基本ステータスを上げるには、レベルを上げる、と言うのもあるが、個人的に鍛えていてもステータスは向上していく。ただ、上限があるため、レベルアップも並行して行わなければならない。その場合は、烈毅直々に相手をする事になっている。

 筋トレや走り込み、反応速度の向上といった個人能力面と、戦い方に関する防御姿勢や判断の仕方などの技術面を、この訓練で叩き込む。

 続いてルノ。

 彼女の抱える『呪い』という未知な物がある限り、戦えないのでは仕方がない。いち早く克服してもらい、戦えるようになってもらいたい。話はそれからだ。そのため、烈毅はルノの事だけは少し多めに見ることにしている。

 次にミーシュ。

 元々魔法の才能が突出しており、この世界でも数少ない高レベル魔法使いだ。彼女は、魔法に特化したステータスをしており、攻撃力がかなり低い。一度は攻撃力を上げさせることを考えたが、その時間を使って更に魔力を高めてもらった方が良いだろう、ということで、魔力の限界を引き伸ばす事にした。

 魔力は、魔法を使えば使う程に増えていく。その代わり、襲ってくる疲労感が尋常ではない。だが、それに耐えてもらわなければならない。

 それと、これは烈毅は知らない事だが、彼女は密かに賢者を目指している。そのため、この世界中の魔道に関する本を読み、知力も高めようとしている。

 どこで本を読むのか、に関してだが、ファイアが持つ魔法に、『赤龍の書庫』というものがある。これは、どのドラゴンも持つ魔法であり、世界最高峰の図書館とまで言われている。それを利用させてもらっているのだ。

 そしてナーシェ。

 彼女は、勇者に選ばれた、優れた能力を持った優秀な超上級冒険者だ。だが、この世界最強の勇者ではない。現に、彼女より強い者はいる。それではダメなのだ。勇者に選ばれた以上、魔王を倒すという指名がある。それを為せるくらいの実力を持ってもらわないと困るのだ。

 そのため、ナーシェには、一度聖剣を手放してもらい、烈毅が簡易的に作った石の剣で、ファイアと手合わせをさせることにした。

 ファイアにとっては少し不足かもしれないが、勿論ファイアにも制限を付けている。それは、自分の能力を底上げさせる力を持つ魔法やユニークスキルの使用禁止だ。こうすることによって、元からの強さを更に上げていこうとするのが目的だ。

 各々が、その特訓に励む中、烈毅は最初に、レーナと手合わせをする事にした。

「レーナ、手合わせの時間だ」

「わかった。本気でやるのか?」

「いや、それじゃ意味が無い。お前の実力に合わせて戦う。これはお前のためにだ」

「そう言われると泣きたくなるわ……まぁいいや、始めましょ」

 そう言って、烈毅とレーナは対峙し合う。周りの者も、自分の特訓に集中しなければならないが、こちらも気になって仕方がなく、つい手を止めて見てしまう。

「じゃあ、俺から行くぞ」

 そう言って、烈毅は実力の一割も出さない程度の速度でレーナとの距離を埋める。烈毅にとっては、こんなスピード止まって見える。だが、レーナは違う。

 なんとかギリギリで反応したレーナは、両手に持った剣で烈毅の頭を全力で斬ろうとする。だが、それは簡単に避けられる。

「ダメだそんな鈍い攻撃は。筋繊維が壊れるくらいに力を込めて振るえ!」

「はい!」

 次は、レーナが烈毅との距離を縮め、鋭い突きを烈毅に向ける。その攻撃も掠りもせず、烈毅に後ろを取られてしまう。

「今の攻撃はよかった。だが、その後だ。お前、避けられたからって直ぐに攻撃を辞めたな?」

「あ、あぁ……」

「目で追えているのなら、全力でそれに反応してさらに攻撃を続けろ。ただし、剣に振られるんじゃなく、剣を振るうんだ。いいな?」

「そんなこと、とうの昔に教えて貰っている!」

 そして、その特訓を開始して三十分経った後、レーナは体力の限界が来てしまい、剣を地面に落としてしまう。

「わかったか? これが今のお前の実力だ。これでは、この先戦っていけない。だから、今はめちゃくちゃキツいかもしれないけど、その分頑張れば自分に返ってくるから」

「わ、わかった〜」

「烈毅、厳しぃ……」

『わ、我もあんなに扱かれるのか……?』

「いや、ファイアはあの倍は扱かれるんじゃ……」

『……逃げようかな』
 

「村人が世界最強だと嫌われるらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    レーナのためとはいえヤバいな...
    頑張って耐えてくれ!そして、強くなってくれ〜!

    1
コメントを書く