村人が世界最強だと嫌われるらしい

夏夜弘

一難去ってまた一難 3

「あひゃ? 確かに手応えはあったはず。なぜ生きてる?」

「いやぁ、俺も初めはビックリしたよ。まさか後ろからやられるなんてね!」

 傷のあった所を軽く叩き、何事も無かったかのように立ち上がった烈毅。それを見て、安堵しきって気が抜けたのか、気を失ってしまった。

「キャンザル君だっけ? 君ね、背後を取るところまでは良かったよ? でも詰めが甘い。甘甘だよ。それでも超上級ジョブなの?」

「チッ……たかが村人如きがいい気になりやがって」

 キャンザル。そう呼ばれる彼は、銀色の短髪。そして黄色い瞳をしており、口はいつも口角が上がった狂気じみた顔をしている。顔にいくつもの傷があり、それを見るだけでも異常さが伝わってくる。身長は高く、体格は少し細すぎるくらいだが、右手に持っている体格には見合わない大きさの大剣からは、ものすごい力を感じる。

「それ、聖剣だな? って事は勇者か。最近よく見かけるなぁ、勇者」

「だったらなんだ? 別に、ここで殺されるのだから知る必要はないだろ?」

 クシャッとした笑い顔を見せるキャンザル。その聖剣をブンブンと荒く振り回し、烈毅の元へ近寄って行く。

「おいおい、やめてくれよ……そんな好戦的になるなって。王の前だぞ? な?」

「そんな余裕かましてて大丈夫か? 仲間置き去りにして死ぬ事になるぞ?」

「いやいや、ならないって。むしろ逆だよ逆」

「逆?」

「つまりは……」

 烈毅はニヤリと薄く笑うと、その場から消える。その動きを捉えられなかったキャンザルは、振り回してた聖剣を即座に構え、後ろで座ってヘラヘラしていた冒険者は、すっとぼけた顔をする。

 それから十数秒経ったのだが、まるで烈毅の気配が感じられない。そう思った直後、烈毅は突然目の前に現れる。

「こういう事」

 地面を見せるように手を広げると、そこにはルノ、レーナ、ナーシェが寝転がっていた。

「貴様ぁ!」

 キャンザルは、それがこの状況で、いかにやられてはならない行動だということかをよく理解している。王の前で、殺し損ねた相手に、殺す予定だった仲間を取り返される。それがいかにまずい事かと。

 それを見ている王は、焦りの表情は見せず、ただ簡易的に作られただろう木の椅子に座り、頬杖をついて見ている。

 ファイアは、こっそりとパーフェクトケアポーションを使用したため、動ける状態にある。が、今は寝た振りをしてもらっている。

 キャンザルは、焦りのあまり猛突進して烈毅に向かう。だが、その動きは、烈毅には蟻が動くよりも遅く見えた。

 とても洗練された剣さばきで烈毅を切りつけようとするも、その攻撃は一掠りもしない。仲間を抱えた状態の烈毅にだ。

「な、何故当たらん!? なぜなぜなぜ!?」

「おいおい、さっきのあひゃあひゃした笑い声はどうした? あっれれぇ〜? もしかして焦ってるぅ〜?」

 煽りを加え、さらにキャンザル怒り、攻撃速度は早くなる。が、やはり一度も当たらない。

「ほいっ!」

 何度か攻撃を避けた時、隙を見つけて烈毅は聖剣を蹴っ飛ばし、その聖剣は宙で回転し、地面に刺さる。

「んじゃ、こいつらは返してもらうから! ファイア!」

『任せろぉ!』

 その合図と共にファイアが中を飛び、近くにいた冒険者は皆風で吹き飛ばされる。

 そして、ファイアが烈毅の元へ飛び、烈毅はジャンプして高く飛び上がり、ファイアの背中に乗って飛び去った。その間際、王が独り言を喋っていたが、烈毅はその内容を知る価値もないと判断し、前を向いてその場を去った。

 それから一時間後。

「うっ……ここは……」

「あ、ナーシェ起きた? 今はファイアの背中の上だよぉおぉっ!? 危ねぇ! 急に飛びついてくんな!」

「烈毅だぁぁぁあ!! おかえりぼぼぼぼぼぉ……」

「あ、お前高いとこダメなんだっけ? あーあ。また背中がゲロ臭くなる」

「んっ……ここは……はっ、烈毅は!?」

「お、レーナたん目、覚めた? 今はファイアの背中の上だよ。だから安心してぇぇぇえ!? ちょっと、お前も急に飛びつくなよ! 落ちるだろ!?」

「烈毅が、烈毅が生きてるぅ〜! うぇ〜ん!」

「おい泣くな! あーあーあー! 鼻水で肩がベチョベチョになっちまった!」

「はっ……! ここは……」

「まて。俺は次に起こることがわかる気がする。だからここは逃げ……」

「烈毅ぃぃいい!」

「遅れたぁぁぁあ!」

『お前ら元気だな……我は疲れてるのに……』

 そんな呑気な会話が雲の上で行われた。烈毅は、"異次元アイテムボックス"からミーシュを呼び出し、二人のお帰りパーティーを、ファイアの背中の上で開いた。

 リバースワールドのことは、口にはしなかった。これまで何をしていたかも聞かれなかったし、むしろ彼女らは聞かなかった。

 それは、烈毅を信じていたからではなく、ミーシュの目の下が赤く、少し無理に笑っているのだと、見ただけで分かったからだ。

 そして、ファイアはかなり離れたところで着陸し、皆は地面に降りる。もう日が暮れ、辺りは真っ暗だ。

「さて、今日はここに野宿だな」

 その後、皆はテントを貼った後、死んだように眠った。

「村人が世界最強だと嫌われるらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー232154

    方杖→頬杖です

    1
コメントを書く