村人が世界最強だと嫌われるらしい

夏夜弘

最善策 2

「クソ、キュウがいなかった」

「まぁ情報が入ったんだから、今はその情報通りの場所へ行きましょう」

「そうだな」

 キュウを攫った連中を追いかけていた烈毅は、追いつきはしたがその時には、もう既にキュウは居らず、どこか他の連中に渡したらしい。つまりは、こいつらは囮だ。

「俺達は今東へずっと来た。だけど本体は北へ逃げている。かなり時間をロスしたから、多分距離的には何千キロって離されてる」

「何日かかるの?」

「普・通・な・ら・一日以上はかかる」

「ふ~ん……普・通・な・ら・ね……」

 烈毅の含んだ言い回しに、ミーシュは腕を組みながら伺おうとする。

「察しがいいな」

「で、それはどんな案なの?」

 烈毅はニヤリと口角を上げながら言う。

「俺が全力で走るのさ」

 音すらも置いてけぼりにしそうな速さで町の上空を駆け巡るのは、烈毅ただ一人だ。何故烈毅が一人なのかと言うと、それは十分前になる。

「私、もう絶対あんたに抱えられながら移動するのは嫌なんですけど」

「それはしない」

「じゃあどうするの?」

「俺のユニークスキルに、"異次元アイテムボックス"ってのがある。それにお前を入れながら走ろうと思う」

「そんなの可能なの?」

「ああ問題ない。何でもかんでも入れられる、結構需要あるスキルなんだよこれ」

「その中に入ってる私はどうなるの?」

「綺麗になります」

「一生入ってたいんですけど?」

 そして今に至る。

 "異次元アイテムボックス"の中にいるミーシュと連絡をとる場合は、"念話"を使えば問題ない。

 そして、今は全力で北へと向かっている。上空を超高速で移動する烈毅を、視認できる者などいない。影が瞬きよりも早い時間で見える程度だ。
 それは、空を走っているわけではないので無く、着地して次に空へ飛ぶ時、ユニークスキル"負け知らずの最弱"を発動させることによって、飛距離を伸ばしているのだ。

 そして一時間が経ち、その先に僅かに幾つもの影が、猛スピードで走っていく姿を確認する。

 烈毅は"念話"を発動させ、ミーシュと連絡を取る。

『ミーシュ、奴らを見っけた。念のため、まだその中にいてくれ』

『うんわかったわ……くちゃくちゃ……戦う時になったら教えてね……ごっくん』

『おい、お前今何か食ってるだろ?』

『いいえ何も』

『嘘をついたら二度とお前と口を聞かない。それと、旅にも連れてかない』

『……ご馳走様でした』

『後で覚えとけ』

 "念話"を切り、烈毅は目標目の前へと迫る。数は十。円の陣形を保ちながら走り、真ん中には、小さい子を抱えなが走る奴がいる。多分、抱えられてるのはキュウだ。

「待ってろよ、キュウ。今助けるからな」

 そして追いつくのは数分後の事だった。派手に登場し、先程は勢いのあまり穴を開けてしまったが、今度は綺麗に着地する。

 その集団は、最初は少し驚いた反応を見せたが、取り乱さず冷静さを保った様子で、問いかけてくる。

「貴様、何者だ?」

「それさっきも訊かれたよ。お前ら揃って同じ反応すんのな」

「何者かと訊いているんだ。答えろ」

「人間だよ」

 その答えに、一同は耳疑うような反応を見せる。そして、何人かが背中へ手を回し、少し腰を落とした体勢になる。

「おいおい、そう殺気立つなって。俺はその子を返して貰いに来ただけだって」

「それは無理な相談だ人間。こちらにはこちらの事情がある。とっとと失せろ」

 先頭でそう言い放つ人物は、スキンヘッドで彫りが深く、目付きが殺し屋みたいな目をしている。体格は、シェルドよりも細いが、それなりに鍛え上げられた体をしている。

 その妖狐は、七本の尻尾を烈毅に見せるように器用に動かしながら、殺気を放つ。が、烈毅にはその意図は汲み取れない。

「何故キュウを狙う? 目的は何?」

「人間風情に教える意味など無い。もう一度言うぞ、とっとと失せろ」

「はぁ……あのね、俺は穏便に済ましたいの。なんでかわからんけど、そうやって尻尾を見せつけながら殺気を放つのは威嚇のつもりなの? それなら意味は無いから」

「威嚇? これが? これは、人間如きが、この俺には勝てないよと教えるサインなんだがな?」

「サイン?」

「そうだ。冥土の土産に教えてやろう。この国では、尻尾の数で強さがわかる。一本なら最弱、九本なら最強。そして俺は七本。かなり強いって訳だ。強い者は、尻尾を見せつけて相手を黙らせるんだよ」

 そう。この世界では尻尾の数で強さが決まるのだ。例えば、キュウの尻尾が九本だと言うことは、この世界では最強を意味するのだ。これは、自分で成長した度合いによって生えてくると言う訳では無い。これは殆ど運なのだ。生まれてくる瞬間に、その強さは確定するのだ。

「つまり、この国の中でもトップクラスのこのデッド様が、お前みたいなしょぼい体つきの人間とやり合うってことは、もう俺様が勝ったも同然ってわけだ」

「ふ~ん」

 烈毅は下を向く。

「実力差がやっと理解出来たか。なら、早く下を向いてないで失せろ」

 次の瞬間、デッドの視線は、烈毅とほぼ同じ高さにあったのが、いつの間にか地面に顔が付いていた。

「何が……」

 そして、目の前には烈毅。頭をガッチリと抑えられ、体の芯も抑えられているため身動きができない。そして烈毅は、ガッカリした顔で呟く。

「なんだ。大したことないじゃん」

「村人が世界最強だと嫌われるらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く