村人が世界最強だと嫌われるらしい

夏夜弘

妖狐の国に来ちゃいました 1

 洞窟で暮らしてから一週間、烈毅のユニークスキルで造られた生活品が猛威を振るい、家の様な安心感でそこに暮らしていた一行は、今日も修行のため外に出て、激しい特訓をしていた。

 幻惑魔法を一定領域内に掛けてあるため、誰かがここに入ってくる事は絶対にないし、外からこちらを視認する事も不可能。ミーシュがいてくれて本当に助かっている。

 先日の一件があってから、前もかなり特訓する気持ちがあったのだが、それ以来更にやる気になり、今では食を忘れるくらいに没頭して特訓に打ち込むようになった。
 頑張ってくれるのはいい。でも、頑張りすぎて体を壊すことだけは避けて欲しい。烈毅はこっそり、そんな事を思っていた。

 ルノは、相変わらず戦うことはできない。今、ファイアが召喚したモンスターと向かい合っているが、剣を持つまでは出来る。だが、そこからが中々進まない。烈毅も、何度か手助けをしようと試みるが『これは私の問題だから、烈毅はレーナ達に付いてあげてて』と言い、断られてしまう。
 だが、ルノは一生懸命自分と向き合っているんだと思い、言われた通りに烈毅は動く。

 レーナ、ナーシェ、ミーシュ、ファイアは、四人でひたすら実戦形式で特訓をしていた。レーナはファイアと。ナーシェはミーシュと。烈毅も混ざりたいが、三人から『烈毅が相手だとやる気無くすからやめて』と言われ、絶賛ボッチなう状態なのだ。

 波が岩に当たる音を聞きながら、烈毅は一人寂しく水平線を眺めていた。

「はぁ……なんか寂しい……俺に一生ベタベタしてくれる可愛い従者がいればなぁ……」

 馬鹿みたいなことを呟く。寂しさのレベルが積み上がると、ここまでなってしまうのだ。話し相手が欲しい。烈毅は心から今そう思っている。

「昼も過ぎて、ここから夕食まで長いし、造るものなんてほぼ無いし、こうなったらこっそり外に出てやる!」

 ついに一人が嫌になってしまった烈毅は、今まで使ってきたフード付きのマントを羽織り、しっかりと奥までフードを被ったら、誰にも見られないよう静かに動き、幻惑魔法の一定領域内から出る。

「……ん? 今の感じは……」

 一定領域内から何者かが出た事を、特訓中に感じとったミーシュは、つい戦いから目を背けてしまう。その瞬間、ナーシェの強烈な蹴りが溝落に入る。

 もろに食らったミーシュは、思わずその場に蹲り、そこにナーシェが「大丈夫!? よそ見したから思わずチャンスと思って、おもいっきり蹴っちゃった」と、舌を可愛く出しながら謝ってくる。

 ナーシェに起こしてもらい、ゆっくりと深呼吸をしながら、息を整える。痛みは少し残っているが、もう動けそうだ。

「いや、いいのいいの。悪いのはよそ見した私だから! さっ、特訓を再開しましょ!」

「そうね」

 ミーシュは、どうせ烈毅が勝手に遊びに行ったんでしょ。くらい軽い気持ちで外に出たと思い、もうその事は考えないようにした。そして、脳を一気に戦闘モードに切り替える。

「さてさて、外に出てきたのはいいけど、左を向けば海、右を向けば森、前を向けば一本道、どこへ行こうか迷うな」

 烈毅は、ぶつくさと独り言を言いながら歩いていると、足元に細い枝が落ちているのを発見し、それを拾う。

「そうだ、これ投げて枝先が向いた方向に進もう」

 いつかの小学生時代に良くやった遊びを思い出しながら、烈毅は空に枝を放り出す。
 枝が烈毅の足元に落ちると、コスという小さい音が鳴り、そして枝先が向いた方向は、森の方だった。

「森か。一応マーキング的なのをしながら行こうかね、迷うと面倒だし」

 烈毅はつま先を森の方に向けてから、ゆっくりと歩き出す。一本道が続いてた数十キロ先まで木が並んでいたのを考えると、どうやらこの森はかなり広いらしい。その事を踏まえた上で、烈毅は歩みを進める。

 数十分歩いた烈毅は、その森の広大さに改めて気持ちを引き締める。数キロ先まで同じ景色が見える森は、烈毅にとっては少し恐怖だった。
 というのも、つい一週間前までは、名前もない島にいて、森を歩いても同じ場所に辿り着くという事があったためだ。

 だが、その考えは一時間後には払拭される。同じ場所には戻ることは無かったからだ。

 森に大きく傷を付けながら歩いてきた烈毅は、時々見つける木の実などを拾いつつ、今晩の夕食のメニューを考えていた。

「さて、今日は何料理にしようかな~? 木の実のスープ、木の実の炒め物、それから……」

 周りを見渡しながら木の実を探していた烈毅は、突然視界に映りこんだ美・し・い・姿・の・動・物・を見て、ポツリと呟く。

「キツネ鍋…………ん? 狐?」

 視線を一度外した烈毅は、もう一度その存在を確かめるべく、その方向を向く。

 そこには、野生動物の狐と呼ぶには少し人間のような姿をしたそれが倒れており、近くで見るとその存在は明白になる。

 頭頂部から生えた二つの獣耳。綺麗でサラサラとしてそうな橙色と金色が綺麗に混ざった髪。顔は小さくまだ幼い。身長は小学三年生の平均くらい。肌は見とれてしまうような美しさを放った白色。お尻には、九本もの尻尾があり、そのどれもがふさふさしていて気持ちよさそうな、鮮やかな橙色をしている。

「まさか……九尾?」

「村人が世界最強だと嫌われるらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く