村人が世界最強だと嫌われるらしい

夏夜弘

この世界は、何もかもがおかしすぎる 8

翌日、レーナが烈毅の部屋へと押し寄せてくる。

「おい!」

 今では烈毅もすっかり切り替え、いつもと同じ態度をとる。

「何だレーナか。入っていいぞー」

 レーナはぷんすか怒りながら烈毅の元へと歩み寄ってくる。

「全て話せ!」

「まぁそう焦るなって。ルノがまだ寝てんだから」

「うるさい! そんな女は寝かせておけ!」

「お前、本当にキレ症だな……」

「うるさい!」

「わかったから、まずそこに座れ」

 そう言われ、ドカドカと音を立てながらレーナは椅子へ座る。

 まず何から話したものか……。

「何から聞きたい?」

「貴様が村人かどうか」

「それ言わなきゃダメ?」

「あたりまえだぁ!」

「うるさっ! ……わかったよ。言うよ。……俺は正真正銘村人だよ。まぁ周りとは少し違うけどな」

「少し!? 全くの別物だ! あの強さは勇者以上だぞ!?」

「何、勇者見たことあるの?」

「無いが……だがあの変異種とやらを一瞬で片付けるなんて、勇者でも難しい」

「何だ見てたのかよ……」

「着いた瞬間、お前に飛びかかった変異種三匹が一瞬で血を吹き上げた所を見たのだ」

「まぁいいや。他には?」

「どうやってそこまでの力を手に入れた?」

「それは長くなるからな……」

「いいから話せ!」

「……何十年って、モンスターとずーっと戦ってきた。死にそうになりながら、もがき、苦しみ、泣いて、それでも立ち上がってな」

「そ、そんなことで……そんな事でその域まで達することなど出来るわけないだろ!」

「だから、俺は特殊だって言ってんじゃん。話聞いてよレーナちん」

「何が特殊なんだ!」

「俺は、この世界の人間じゃない」

 その言葉に、レーナは何を言ってるんだという顔になる。

「そうだなぁ……お前、この字見たことある?」

 そこで、近くにあったペンで、紙に漢字を書く。なんてことの無い漢字で、自分の名前を書く。

「な、なんだその文字は?」

「見たことないだろ? これ、俺のいた世界の字でさ、これで人村烈毅って読むわけよ」

「こ、こんなもの適当に書いただけだろ!」

「まだ信じないの……何をしたら信じてくれるわけ?」

「ステータスを教えろ」

「す、ステータス?」

「ああそうだ、ステータスだ。冒険者ならそれくらいわかるだろ?」

「いや、でもなぁ……」

 数値化できずクエスチョンマークで表示されているなんて言えない……。

「全て話してくれるんだろ?」

 こいつ、どうしてそんなに俺を知りたがるんだよ……。

 烈毅はやむを得ず、ステータスを表示し、レーナに見せる。だが、この時ユニークスキルは非公開にした。

「なぜユニークスキルを見せない?」

「見せないんじゃなくて見せれないの。村人だから」

「そうか。それならいい」

 まぁ嘘なんだが。ユニークスキルだけは絶対見られたく無いし。

 レーナが烈毅のステータス画面を見る。だが、首をかしげ、目を擦って再び見る。そして、こう質問してくる。

「おい、お前のステータス、なんかおかしいぞ?」

「それはだなぁ……クエスチョンマークなのは許してね」

「は? 何を言っている? 見た事も無い文字がならんでいるだけだぞ?」

「は?」

 急いでそれを確認する。

「なんだよ……これ……」

 そこには、日本語でステータスが書かれていた。

 人村烈毅
 LvMAX
 ジョブ【村人】
 攻撃、防御、敏捷、測定不能
 魔法、知力、ゼロ
 ユニークスキル
 非公開

「魔法と知力ゼロはなんか悲しいな……」

 だがここで疑問が残る。なぜ突然クエスチョンマークじゃなくなったのか。それだけが気がかりになる。

 村人は、魔法が使えない。それ以前に、武器が持てないため、例え魔法がゼロで無くても使えないのだ。

「お前、その文字が読めるのか?」

「ああ、読めるよ。これで信用してくれた?」

「…………」

 まだ信用はしていないようだが、なんとか納得してくれたようだ。

 その後、買い物をしようと外へ出てみると、何故だが視線を多く感じる。

 俺が歩くと、何故だが勝手に道を開け、コソコソと喋り出す。

 なんだなんだ? 昨日のことで気になったりしてんのか?

 そして、こんな呟きが耳に届く。

「あいつ、本当に村人なのか……」

「村人が世界最強だと嫌われるらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く