血染めの館

天邪鬼

りこ編 第2話

「ねえ、おねえちゃん。」
「?!」
そこに居たのは、小さい頃の私だった。
ありえない。過去の私がここにいる。
「ねえ、あそぼ。おねえちゃん。」
そこにいるもう1人の私は、一切表情を変えないまま1歩ずつ近づいてきた。
「や、やめろ…来るな…」
「ねえ…オねェチゃン…」
だんだんとノイズがかかるような声になってきた。耐えきれず耳を塞ぐ。
(やめろ。やめてくれ…!)
「オオォォォ-ネェェエェチャァアアァン」
「もうやめてくれっ!!!」
目をつぶって大声で叫んだ。気がつくと静寂があたりを包んでいた。
「な…何だったんだ…」
ふと、足元に落ちたケータイに気づく。急に暗くなったかと思ったら電池が少なくなったようだ。
「まずいな。あと10%か。ひとまずにもの所へ戻るとしよう。」
そう思い扉のノブに手をかけた。
「っ!嘘だろおい…」
鍵がかかっていた。押しても引いてもビクともしなかった。
「クソっ!にも!!あつし!!りんご!!!」
どうやら声は届いていないようだ。
「懐中電灯はにもに渡してある。電池が切れたら終わりだ。」
とは言ったものの、何も手段がない。
「幸いまだ明かりがある。そのうちに部屋を探索するしかない。鍵があったとしてもないとしても。」
そう意気込んで探し続けたものの、何も見当たらなかった。
「なんで?なんでないんだ?」
頭がおかしくなりそうだった。過去の私が現れて、扉が開かなくなって、電池が少なくなって…
そうこう考えているうちに電池が切れてしまった。
「あぁ…そんな…」
暗い。何も見えない。怖い。
「そう言えば、ガキの頃こんなことあったな。」
ふと昔のことを思い出して鼻で笑った。
「小学三年生のちょうど今頃だったな…」

コメント

コメントを書く

「ホラー」の人気作品

書籍化作品