紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド

北村佳

第6話『アタリ』

私の名前はエリーア 
ディラナ大国西部支部で受付嬢をしています。今日は冒険者登録の受付前で待機している状態です。冒険者登録に来る人はそう多くわありません1日に20人も来ればいい方です。なので冒険者登録の受付はとにかく暇なのです受付嬢の中では『ハズレ』 と言われているくらいです。今日はついていません。
「はぁ〜暇だな〜」

そのな事をボヤいていると1人の男性がこちらに歩いてきています。
「え、、いや、かっこいいかも、、」

自分でも聞こえないようなそんな声でつい口に出してしまっていた。

その男性に対しての女性陣の感想は皆 同じらしくある者は同僚と話していたりその男性をずっと見つめていたりしている。

そのな男性がこちらに来てエリーアに話しかけてきた。
「冒険者登録がしたいのですが」




エリーアは周りの視線と目の前にいる男性から話しかけられたという状況にかなりテンパリ気味であったがどうにか平常を装い受け答えた。

男性の名前はフィンと言うらしい
しかもジャイアントベアーを討伐したと言う
エリーアも流石に疑いしく思いながらも討伐達成の報酬とポイントを支払った。

あっもう帰っちゃうのだ…

フィンは出口の方へと歩いていってしまった。

もっと仕事以外にも色々話したかったなぁ 
またこのギルドに来てくれたら嬉しいんだけど

そんな事を思いながらフィンの背中を見ていると男3人がフィンと話しているのが見えた しかもかなり良くない雰囲気が漂っている。

あの人達はたった3人でカッパーの冒険者をしている。それなりの実力者達だ。ただかなり評判ば良くなく よく問題ごとを持ってくる。

あぁぁどうしようフィンさんが危ない!

しかしそんな心配はする必要がなかったとすぐに証明された。

フィンは洗礼された綺麗な動きで3人を無力化したのだった。

「…」

その瞬間エリーアほ確信した。フィンの事を好きになってしまっていると言うことに。
一目惚れというやつだ。フィンの事は何一つとして知らないことばかりだが それでもエリーアは確信を持ってフィンが好きだと言えるぐらいフィンに惚れてしまっていた
そんなフィンは今グロウファングのパーティーへの誘いを断っていた。

エリーアは断った事に驚きはしたもののフィンと話したいフィンについて知りたい一心でフィンに話しかけた。

「すみませんでした。」

え、、、!?

エリーアの内心は驚愕していた。話しかけたら 謝られたのだ。

だが、すぐに理解した3人の事を言っているのだと。
内心の動揺を隠しながらも受付嬢としての対応をこなしフィンと仕事以外での話をするための機会をうかがっていた。聞きたいことはいっぱいある 普段は何をしているのか 何処に住んでいるのか またこのギルドに来てくれるのかなど

フィンは3人をかなり気にりていたためエリーアは安心させるための言葉をフィンにかけたてあげた。あくまで仕事としてだ。

フィンさんって優しいんだぁ、、

そんな事を考えながら話しているとフィンは納得し安心したのか微笑みながらお礼を言ってきた。

、、!!やばい…

今までクールでほとんど表情がなかったフィンの笑顔 それは破壊力抜群であった

顔が暑い。絶対顔赤いよどうしよう。頭が回らないどうすればいいのぉ

エリーアはフィンの笑顔と今の赤い顔を見られた恥ずかしさからさらに混乱しその場に立ち尽くしてしまっていた。そんな状態の中でフィンがギルドを出ていってしまうのを呆然と見ていたのであった。
 

そして受付嬢にとって暇で『ハズレ』のはずの冒険者登録の受付、
それが今日はとてつもなく『アタリ』であったのは誰の目から見るのは明らかだろう。
現にエリーアを見る受付嬢の目は嫉妬の感情が見えた。だが、今のエリーアはそんな事を考える余裕も無ければ気にすることも無いそれだけ今のエリーアはフィンしか見えていなかった。

「紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く