紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド

北村佳

第5話『修羅場』

前世の経験と反射的な行動でつい無力化してしまったフィン
いや、怒られるよな。てか、下手したら牢屋いき…
そんなことを考えていたら拍手が聞こえてきた。その拍手をしていたのは先程の銀の冒険者チームリーダーのアーロンと言う男だった。
「いや、素晴らしい動きだったよ!ジャイアントベアーのことと言い君は何者なんだい?」

「何と言われましても冒険者になりたての新米冒険者です。」

「なるほど、そんかい、言えない事情があるんだろう。まあいいそんな事よりうちのパーティーに入る気は無いかい?その腕であれば大歓迎するよ?」

周りがまたも騒がしくなった。

「おいおいマジかよ今冒険者になりたての奴が銀のパーティーに!?」
レッドが銀パーティーに加わるとか場違いすぎだろ!」

など色々聞フィンの耳にこえてくる。
何勝手に色々言ってるんだよ

「遠慮しておきます」

またも動揺でギルド内が騒がしくなる

「そ、そうか、理由を聞いてもいいかい」

断られるとわ思っていなかったんだろうアーロンが若干の動揺が垣間見ることができた

いや、めんどくさぁ〜銀のパーティーなんて入るわけないじゃん やんなきゃいけないこともあるし 何より自由に行きたい。

「私は冒険者になりたてで まだまだ修行の身です。今回のお話はとても嬉しい事でしたが身に余るお誘いでした。」

「なるほど君の気持ちは理解した気が変わったらいつでも言ってくれ」

そう言ってグロウファングの面々はその場から離れて行った

我ながら上手く乗り切った!自分で自分を褒めたい気分だよ!
周りからは勿体無い とか そうだよな、 など色々な意見が行き交っている。

「フィンさん」

エリーアさんが話しかけてきた。

「…」

忘れかけていたがフィンは3人をボコボコにしていたのだった

「すみませんでした。」

内心はこの後どうなるか分からず かなり焦っていたがクールを装いながら一応謝っとくことにした。

「あ、いえ、今回のはフィンさんから襲ったわけじゃないと見ていたので分かっています。なので特別罰を受けると言うことにはなりませんので安心してください。この3人の身柄はこちらで預からせてもらいますね。」

「そうですか 良かったです」

フィンは安堵と喜びの気持ちが重なり微笑みながらエリーアにお礼を言った。
フィンに微笑みながらお礼を言われたエリーアは顔を赤くしていたことをフィンは見逃さなかったがそこでは何も言わずにギルドをあとにしたのであった。

「紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く