紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド

北村佳

第4話『冒険者ギルド』

フォローしてくれる人増えて嬉しかった のですが より面白い小説を書こうと思っていたら少し時間がかかり更新が遅れました。ごめんなさい!





「ここか」
太陽が沈みかけ夜が訪れる少し前に
フィンは今 冒険者ギルドディラナ大国西部支部に来ていた。この街には2つのギルドがある。フィンは入国した西門の近くのギルドに来ていた。

中に入るとそこはフィンが考えていたような冒険者ギルドでは無かった。冒険者達が酒お飲み騒がしい所は予想通りだったがその他が全く違かった。
まずギルド内は小綺麗で、受付側に金持ち風の商人や どこかの使用人と思わしき男、街にいる普通の女性など冒険者以外の人が多くいた。冒険者達は受付で報酬を受け取っている姿や本日の成果を喜び合い酒を煽っている姿が見られる
入ってすぐのところに受付が並んでおり奥には綺麗な酒場になっていた。

「本日はどのような御用でございますか?」
ギルドに入ってすぐの所で 体付きが良くギルドの制服だと思われる服を着ている男性に話しかけられた。

「冒険者登録をしに来ました」

「でしたらあちらの受付にて登録することができます」

フィンは男にお礼を言い受付に向かって歩いていった

「冒険者登録したいのですが」
「畏まりました私は受付嬢のエリーアと言いますよろしくお願いします。では必要事項を書いてもらいます 字はかけますか?」

ドワーフの国という事で人間種だけでわ無く色々な種族がいるそして今回フィンの受付をしてくれている女性 エリーアは異世界定番の耳の長い美人が多い種族エルフだと思われる。
髪はセミロングぐらいの長さで眼鏡をかけている。肌は白くエメラルドグリーンの瞳が強調され清楚で仕事が出来る女性という感じだ。

「はい、書けます」

用紙には名前、年齢、出身地、などを書く欄があった。
この世界での15年間で読み書きはできるようになっていた。

「意外とお若いのですね 、えーと では冒険者についてご説明しますね」

そう言いながら出来上がった冒険者カードを渡された。
説明によると カードには階級やポイント、討伐した魔物の名前、討伐数などが記録される。

階級とポイントはギルドカードに書いてあるがそれ以外は専用の機械で見ないと見えないらしい機械は各ギルドに置いてありいつで使えるらしい

階級とは下からレッドティンアイロンカッパー水銀マーキュリーシルバーゴールドとなっていて始めは皆 レッドから始まるとの事だった。  

「あ、えっとそれより上の階級もありまして現在存在する冒険者で1番上位の階級でして世界でも3パーティしかいない白金プラチナがあります。それより上であるダイアモンド、キングという階級があると言われていますが誰もなし得たことがない階級ですのでその存在自体が疑わしいものです」

それから冒険者は依頼をうけたり魔物の素材や討伐報酬などで生計を立てていくのが一般的だそうだ。

階級を上げるためにはそれぞれの階級ごとに達成しなくては行けないポイントや難易度レベルが 何以上を 何体討伐などの 課題がありそれをすれば次の階級に行けるそうだ。

ポイントとはそれぞれの依頼や魔物討伐に付けられるものであり難易度が上がれば上がるほどポイントが高くなっていくようだ

難易度レベルとはそれぞれの魔物の難易度を示すものでゴブリンなどは難易度1だ。

例えばフィンは鉛の階級から錫に上がるためにはポイント500と難易度1を20体と難易度2以上を10体だそうだ

そして階級が上がる時に必要だったポイントは引かれるとの事だ。

「フィンさんもパーティーを組むことをお勧めしますよソロでは限界がありますので」

エリーアさんからそんな話を聞いているとギルドが急に騒がしくなった。

「銀の冒険者グロウファングの方達だ!」
「カッコイイ!」
「遠征から帰っていたんだな!」
「アーロン様素敵!」

銀の冒険者が遠征から帰ってきたところのようだ。
「何ですかあれ?」
「あれわね、上級冒険者グロウファングの人達です 」
エリーアさん曰く銀の冒険者はこの国に2パーティーしかいない上位階級だそうだ。その為 存在自体が国民を魔物の危機から救ってくれる救世主になっていて平和の象徴なのだと言う。

「あ、そうだった。ジャイアントベアーを討伐したのですが討伐報酬って貰えますか?」

フィンは忘れかけていたジャイアントベアーの討伐報酬を受け取ろうとジャイアントベアーの討伐証明部位である爪を取り出した。

「…えっ、と…え?ジャイアントベアーを討伐!?!?」
エリーアさんの言葉で今まで銀の冒険者に夢中だった人達が一斉に静まりこちらを見てきた。

「フィンさんおひとりで討伐なされたのですか?」

「あ、いや、違います。チェイスさんとノックさんと言う冒険者さんと討伐しました」

「チェイス?ノック?聞かない名前ですね上位冒険者なら知ってるはずなんですが…」

少し考える素振りを見せたエリーアだったがすぐに我に戻り対応してきた。

「分かりました。討伐報酬を準備させていただきます。それからポイントですが報告に来た方に渡されるようになっております。今回他2人の方が一緒にいらっしゃらないので全てのポイントがフィンさんのものとなります」

そう言いながら冒険者カードを回収して何やら作業をしているようだった。

フィンが冒険者カードを受けるとるそこには8000ポイントと書いてあった。

「今回討伐に成功されたジャイアントベアーは魔物難易度30の強敵でしたのでポイント8000ポイントを付けさせていただきました報酬は50000000リフとさせていただきます」
この世界での通貨は1リフが日本円の1円と同じ程度だ。
かなりの大金だ…。
どうやって持ち帰ろう…
前前世のラノベとかなら こういう時はだいたいアイテムボックスとかそんな名前の魔法を使って持ち運びしていたような気がする。
それを試してみると手に持っていた大金が入った袋が消えたそして取り出すこともできた。

「無詠唱で空間上位魔法アイテムボックスを使えるんですか!」
受付嬢に聞いたところこの世界で考えただけで魔法が使えるのはフィンだけで他は詠唱が必要で詠唱が出来るから使えると言うものでも無いらしい魔力の量や練習を積み重ねることでやっとできるようになるという。そしてその中でも上位の魔法を無詠唱で出来るフィンは異常だと言われた。
「いえ、小さな声で詠唱してましたよ。」
フィンは騒がれるのも面倒なため適当に嘘をついて誤魔化した。
それでもアイテムボックスを使えることは凄い事で魔物を狩る冒険者にとって荷物がなくなるそれだけで命を左右する事に繋がる。その為アイテムボックスを使えるだけでパーティー勧誘が引きっりなしに来るほどだ。

受付嬢にお礼を言い 周りの人達の視線が気になるのですぐにギルドを出ようとしたその時3人の男が話しかけてきた。

「おいおい!何の冗談だぁ?こいつがジャイアントベアーを討伐出来るわけがないだろうどんなイカサマ使ったんだよ!」
来たよこれ、なんとなく予想できたよ 絶対こうなると思った。
正直何と答えれば良いのか分からず悩んでいると
「何も答えないのかよ!そんなに強いなら証明してみろよ!」
男が3人一斉に襲いかかってきた。
フィンはそれを正面から来た男の刀を避け腹に蹴りを入れた男は後方に飛んでゆき動かなくなっていた。残りの2人も同じように斬撃をよけ腹に拳と蹴りが炸裂した。
あっという間に3人の男はうごかなくなってしまった。

やってしまった。

「紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く