紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド

北村佳

第3話『別れ』

1人の方が私の作品をフォローしてくれていてすっごく嬉しかったです!これからもよろしくお願いします





ジャイアントベアーの死骸を回収して またディラナに向かって進み始めた。

「しかしあんたってそんなに強かったのかよ 
 それになんだよ体からで出た光は?魔法か何かか?」

「まあ、そんな感じです」

この世界では魔法が有るからこその異世界ならではの文明が築かれていた。だからこそ天から降る雷がどのようなものであるか分からないし それは人間が使えるようなものでは無いと思っているためこの世界の人はフィンが使った魔法は未知のものとして映っていたのだった

「フィンさん本当に助かりましたありがとうございます。」

エマが改めてお礼をしてきた。

ジャイアントベアーの爪などはディラナに行けばかなり高く売れるらしい
そして冒険者の場合ジャイアントベアーの討伐証明部位を提出することにより討伐報酬がもらえるとの事だった
そんな説明を馬車の中で聞いていたフィンはお金を稼ぐためにも冒険者登録をすることに決めた。
さらに、身分証明書にもなるとの事で一石二鳥だ。

「ディラナが見えできましたよ」

馬車の進行方向におおきな街が見えてきた。
今馬車で走っている位置は少しディラナより高い場所にあるため街の様子が良くわかる。
周りは石でできた外壁に囲まれており円の形をしている。その真ん中に一際大きな建造物がドワーフの王の住む城のようだ。
門の前には列になっており入国審査が行われているようだった。

門の前まで着きフィン達は無事に入国することが出来た。

そこは木製の建造物や石でできた建造物が並んでおりそこらじゅうに冒険者と思わしき人達がいた。屋台なども多くあり活気に満ち溢れていた。

「エマさんここまで本当にありがとうございました」

「いえ、こちらこそジャイアントベアーの危機を救ってくれた だけでわなく素材まで分けて下さり本当に感謝してます」

「エマさん達は私の恩人ですので恩を返せて良かったです」

そしてエマは下を向き悲しそうな声で
「また会えますよね?」

「はい、きっと」

そう言うとエマは嬉しそうに笑いチェイス達と共に去っていった。

そしてフィンは冒険者ギルドに向かって歩いていくのだった。

「紫電の英雄 ヴァイオレット レジェンド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く