魔科学

暇魔神

余郷

「皆さまは隠れといて下さい。」

言われて取り敢えず物陰に隠れる。

ガチャ

「よう爺さん。今日の分取りに来たぜ。」
「こちらです。」
そう言って執事がジャラジャラいっている袋を出す。
「キッチリ揃ってるか?」
「はい。」
「そういえば俺今日この家に人を連れ込んでいるのを見たな〜。」
爺さんは黙って追加で金を出す。
「じゃあ、また明日来るぜー。」(そろそろ潮時か。)



「あの人は...。」
「峰家の回し者です。峰家は2人が生きていては困るそうなのです。だからあの様にお金で黙ってもらっているのです。」
「そんなかってな!」
「それがまかり通るから貴族なのです。しかしこのままでは私のお金ももう保ちません。」
「そうかい、しかし俺がお嬢様から受けた依頼は弟の方だ。峰家の方は知らんよ。」
「ちょっと誠十郎。」
「今日は帰らさしてもらう。」
「はい。余計な事までお話ししてすみませでした。」



「なんであんなこと言ったんですか!」
「俺は精神病方面はどうしていいかわからん。」
「精神病?そうじゃなくて。あの爺さんを見てなんとも思わないんですか!あの子供を見てどうして何もしないんですか!」
「考えてもみろ。お前はあの家はどうにか出来るのか。出来もしないこと出来ると言われた側の事も考えろ。それに精神病患者は下手に関わると悪化させてしまうんだよ。」
「それでも!」
「それでも、なんだ?助けろって。一歩間違えれば弟さんは死ぬぞ!」

「言い訳はそれだけか?」
「壬生谷?」
「出来ない理由だけ挙げて結局何もしない。そんなのバカでも出来る。」
バンッ
「壬生谷...」
「余郷少しは目が...」
「お前らは知識がないからそんな事言えんだよ。アレは結構重症だったぞ。出来もしない事を言ってるだけがどれだけ惨めか知らないから。」
「まだ言ってんのか!お前は壬生谷が言ったことちゃんら考えろ!」
バンッ




「なんでアイツらあんなに必死なんだよ。」


『僕ね大きなったらねお医者さんになる!』
『誠十郎は賢いからね、きっとなれるよ。』
『うん!そしたら僕がお母さんを見てあげるね。』
『ありがと。』


俺は母はいい母だった。
基本やりたい事は何でもさせてくれた。小学生でも門限なんてものはなかった。とにかく自分で決めた事ならその後押しをしてくれた。そんな母だったからか僕は約束は絶対守っていた。母好きだったから、こんな大人になりたいと思ったから。

そんな母が倒れていた。
「お母さん?お母さん!お母さん!」
俺は身体を揺さぶるしかできなかった。

ピーポーピーポー

「余郷さん!余郷さん!わかりますか?」
「お母さん!お母さん!」
「離れていて下さい!」
「僕が!僕がお母さんを治してあげるんだ。約束したんだ!」
「僕、大丈夫だよ。お母さんは必ず助ける。だからここで待っていてくれ。」
そういって手術室に消えていった。

俺は何も出来なかった。俺は慰められて待つだけだった。
この時僕は初めて約束を破った。

その後、父もついて行く様に亡くなった。


「魔科学」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く