地獄屋物語

KLがー

第24話


ビルとビルの間の細い道
ずっと進むと見えてくるのは『地獄屋』
そこに近づくひとつの影
制服のスカートが風になびく
「ここが地獄屋」
そう呟いた彼女の後ろ
風をきって現れたのはフードを被った少女
…ロズだ

「お客さんかな?」
「あなたが…地獄を見せられるの?」
光のない目でロズを見る
「まあね」
「なら今すぐ地獄を見せつけて!」
取り乱したように声を荒げる
「…話を聞かせて」

豪炎堂
「彼は私のことが好きなのよ!両思いは結ばれるべきなのに!今すぐ地獄を見せて!」
「…山野ミナキに地獄を見せろと…」
フードで表情は読み取れない
「尚人くんは私を愛してるのに!あの女が束縛してるせいで素直になれないの!」
「…じゃあその尚人ってやつをここへ連れて来な。そいつがあんたと同じ想いだったら山野ミナキが二度とその男と関わらないようにしてやるよ」
制服を着た少女はいつか尚人へ告白した子だ
「あと、わかってると思うけど地獄屋のことは他言無用だからね?」
その子は取り乱した様子のまま地獄屋を去る

「よおロズ、面白いことになったな」
「…そうだね」


「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く