地獄屋物語

KLがー

第22話 ジェンside


コードネーム :Jnn
       ジェン
地獄屋 深水堂の当主

俺は子供の頃両親を亡くししらねぇおっさんに引き取られた
でもそのおっさんがクズで俺は虐待とかまあそんな感じの関係でまじでそのおっさんを恨んでいた
亡くなった両親の悪口をネチネチと言いまくり
俺は顔が似てるからってキツく当たられ
人間ってクズだなって思ってた時

ちょうど中1くらいかな?
同い年の意味不明な黒い女が現れた
そして言ったんだ
「このままでいいの?」
って
そいつは『地獄屋』とかいう意味不明な団体のなんか強いやつらしくて
やばそうだとは思ったけど興味本位で地獄を買った
そしたら…俺の人生は変わった

あのクズなおっさんから解放され自由を手に入れた
そしてその女について行くことにした
最初は来るなって言われたけどしつこく迫ったら折れた
そしていつしか俺は地獄屋の深水堂当主の座をもらった

まあこんな感じかな?俺のライフは
今だって俺はあいつについて行く
こんなこと絶対本人には言わないけど
あいつは俺の恩人だ
腐った俺の人生を薔薇色に変えてくれた
一生ついて行く、あいつのパートナーとして


「ジェン」
あいつが俺の名前を呼ぶ
思わず顔がにやける
「なんだよ」
無愛想に答える
「行くよ」
「1人で行けよなー」
そんなことをぼやきながら俺は必死にあいつを追いかけるんだ



「地獄屋物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く